学習方法/小学校算数

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足し算・引き算・掛け算・割り算などは、市販の計算ドリルなどをつかったほうが、おぼえやすいでしょう。

算数の子供向けの勉強法には、子供ごとに適した勉強法の個人差があるかもしれないので、この記述は鵜呑み(うのみ)にしないでください。

以下の記述は、一例に過ぎません。

ひとけたどうしの たしざん[編集]

目標[編集]

足し算の練習の目標は、最終的には、「6+5= ?」というふうに一ケタどうしの足し算を質問されたら、すばやく 6+5=11 というふうに答えを出せるようにすることです。

しかし、目標と、練習方法が、ちがいます。

練習の方法は、下記の節で述べるように、いろいろな方法で練習してみます。

さて、引き算についてですが、足し算さえ暗算でできれば、引き算は覚える必要はないのです。

引き算の暗記の練習では、足し算の結果をもとにして引き算の答えを求めているうちに、自然と引き算も覚えていきます。

なので、まずは一ケタどうしの足し算だけ、覚えましょう。

練習の方法[編集]

たとえば 5+6= という問題を出されたら、つぎのように練習します。 たとえば指を曲げて、かぞえてみて、5+6が11になることをたしかめてもいいでしょう。

あるいは、

5+6 = 5+(5+1) = 5+5+1 = (5+5)+1 = 10+1 = 11

と考えてたしかめてみてもいいし、

また、あるいは、 紙に5個の丸と6個の丸を書いて、あわせて11個の丸があることをたしかめてもいいし、ともかく「たしかめる」ことです。

小学校低学年(1年・2年)では、ひとけたどうしの足し算を「理解する」というのは、このように、計算のたしかめかたを、学ぶことです。

また、 5+6= という問題について、 もし、ほかの計算練習で、すでに「4+6=10」といった結果をおぼえていたら、5+6は、4+6=10よりも1だけ多いはずだから、5+6=11と、たしかめられます。

このように、いくつかの答えをおぼえると、その答えをもとにして、他の計算例も覚えられます。


いろんな方法で5+6の結果を、たしかめたりして、たしかめおわったら、答えを書いてみて下さい。それが、ひとけたどうしの足し算の計算練習です。

こうやって、色々と計算練習してみると、そのうち、計算結果を「たしか 5+6は11だったかな?」というふうに、だんだんと覚えていきます。

もし、「5+6=10だったかな? 11だったかな? 12だったかな?」というふうに忘れてしまっても、「5+5=10」を覚えていれば、

「 5+6 は 5+5=10 よりも1だけ大きいはずだから、つまり 5+6=5+5+1=10+1=11 つまり 5+6=11 だ」

というふうに、ほかの計算結果をもとにして思いだせます。

あるいは、すでに「5+6=11」を覚えてるなら、検算(けんざん)による確認として「5+6 = 5+5+1」のように分解して、5+5+1=10+1=11 と計算してみて、5+6と同じ結果(=11)になることを確かめてみても、いいでしょう。


2+4も、9+7も、3+4も、はじめて計算するときは、いろんな方法で、たしかめてみてください。


しかし、こういう練習の方法は、あくまでも練習の手段です。けっして最終的な目標ではないのです。

最終的には、1ケタどうしの足し算なら、暗算で計算できるようにすることです。


3〜4年生[編集]

掛け算 と 割り算

日本の場合、掛け算は、一ケタ同士の掛け算なら、「ニニンがシ」みたいな語呂合わせがあるので、なんとか覚えられるので、覚えてください。

割り算は、暗記は無理なので、あきらめましょう。

もしかしたら、掛け算の暗記のイキオイで、割り算も覚えようとする子供がいたりしそうですが、しかし無謀(むぼう)ですので、あきらめましょう。


割り算の練習は、学校でも習いますが、実際に掛け算をしてみることです。


たとえば、「79÷8は?」と質問されたら、

「ええと、まず掛け算の8の段で、8×9=72ってあったから、まず、79-72と引き算してみると残りは7だな。」と考えて、
そのあと、「7は8では割り切れないな」と分かり、よって、
「79÷8= 9 あまり 7」

というふうに求めます。

けっして、いきなり「79÷8 =9あまり7」を暗記しようとしないでください。


いまウィキのここで説明している大人の人たちですら、割り算を暗記できていません。


分数 や 小数 の勉強のしかた

分数や小数の意味を理解するのも良いでしょうが、計算練習もキチンとして、スラスラと筆算などで計算できるようにしてください。

どっちみち、たとえば

4 × 5.3 × 24 × 3 × 2

みたいな、多くの数が掛け合わさった場合などは、かりに図形的に解釈しようとしても、あまり うまい解釈がありません。応用問題を考えようとしても、こじつけのような問題しか思いつきません。

このように、最終的には、計算ルールにしたがって計算をする能力が必要になります。

解釈より大事なのは、計算練習をすることです。

いくら、うまい解釈を考えても、手を動かして計算練習しないと身につきません。 少なくとも学校の教科書に書いてあるような計算例や、参考書の例題や基本問題などの計算問題は、計算練習をして下さい。


そもそも、算数における式(しき)というのは、計算のさいに、特定の解釈から離れることによって、さまざまな解釈に応用できるようにした計算方法です。

たとえば 3×5 だったら、「3人に5個ずつ、アメを配った。5人のアメは合計で いくつか?」でも「長方形があって、タテが3センチ、ヨコが5センチ、面積は何平方センチか?」でも、答えに

「3×5なので15。よって15(個または平方センチなど単位をつける)」というふうに「3×5」と言うだけで、

計算の過程を短く説明できるように工夫したノウハウこそが式なのです。

5〜6年生[編集]