学習方法/高校受験/国語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

基本のスタイル・課題[編集]

参考書を良く読んで、市販のドリル、ワークブック、問題集を練習、学習するのが有効です。そして、語句や漢字などの書き取り練習も必要でしょう。

小説を始めとする読書は、国語の勉強とみなすことも可能だが、試験結果に即物的、直接的に有効にはならないだろう。むしろ、素朴な訓練、書き取り練習のほうが、試験結果に直結し、効果的な学習になるだろう。

語句や漢字の書き取り対策には、ノートに漢字を何回か反復的に書いて、記憶を定着させる方法が有効です。

文法(現代文法、古語文法)なども出題範囲ですが、割と理知的、理論的な科目ではありますね。訓練、暗記としての科目よりは面白みもあり、楽しく学習できますが、若年としての学習では、訓練や練習、慣れの要素は非常に重要なので、バランスよく、暗記や訓練などの割と単純作業的で面白くない勉強にも、力を入れて、どちらかと言えば優先的にこなしていくといいですね。

習字、硬筆は高校入試では出題されない[編集]

中学国語では、習字や硬筆などの書写を習いますが、これらは普通の高校入試には出ません。

大学入試でも習字や硬筆書写は出題されません。

高校の国語では、習字や硬筆書写は、普段の学習課題としても採用されなくなるでしょう。(高校では、習字は芸術科目の選択科目「書道」に移ります。)

書き取り練習[編集]

漢字の書き取り練習[編集]

漢字書き取り練習は、小学校でもそれ以降でもやっていたでしょうが、1文字、あるいは一語当たり、数回~10回ほど繰り返して書くのがいいでしょうね。漢字は読むだけならできるという事があるでしょうが、やはり自分自身の手で書けるという事は重要です。自分で書ける時はたいてい読むことができますしね。

ドリルなどで読みを出題された漢字でも、あまり難しくない、難読ではない漢字は、書き取り練習もしておくといいですよ。

ことわざ、故事成語、熟語[編集]

ことわざ、故事成語、熟語は、読んで意味を理解するだけではなく、実際に自分で鉛筆を持って書き取りして、その言葉を行為して練習してみましょう。結局勉強において書くことというのはかなり重要で、自分自身で書いて行為すると、記憶や印象、思考の中にその事象が強く刻まれます。

学校や塾で漢字や語句の書き取りテストがある時は、その課題について予習復習、練習をしておくといいですね。

高校入試でも、大学入試でも文学史は出題されますが、これもただ参考書や各種資料を読むだけではなく、ノートに鉛筆で作品名や作者名を実際に書いて、書き取り練習として学習すると効果的ですよ。

書き取り練習では重要語句を[編集]

書き取りは文章というよりは語句を繰り返し書くといいですね。「漢字」「故事成語」「熟語」「ことわざ」「語彙」「外来語」などの重要語句を書く。他の教科でも、語句を覚えるときは、繰り返し書く書き取り練習が効果的ですよね。

どの学習、勉強でもそうですが、一回に行う量が少なくても、少しずつ少しずつ、時間をかけて時間が経過していくにつれて、かなりの量を、先に進むことができますよ。

国語試験問題の性質[編集]

基本的に国語という教科は、我々の国、地域で使う言葉の学習だから、普遍的な意味での言葉、文章の学習であるから、試験問題としても、例文、出題文として、教科書で使用された文章がそのまま使われることはないだろう。ほとんどの場合初見の文章に関する課題を解くことになる。学校での学力テストに臨んだりすると、このことが良く分かるだろうけれど、公立高校入試でも私立高校入試でも、基本試験問題として扱われる文章は初見の文章になるだろう。

然し普段の国語の授業も、課題としての文章に特化した議論、学習ではなく、普遍的な日本語、日本語の文章に関する学習であるから、そのための試験のための特に大きな対策はいらないともいえるが、参考書を始めとする市販で提供される学習教材は、最初から教科書の文章に特化しない普遍的な学習、議論が提供されるから、試験対策としても、普遍的な学習としても有効だろう。

学習に使う問題集、ドリル、ワークブックは、標準的な受験向け、教科書段階のものが推奨です。難関校向けや、難問問題集は使用しない方が良いでしょう。国語の難問問題集を解いているという事は、国語という教科に深入りしているようにも見えます。受験の教科は国語だけではないのですから、バランスの良い受験勉強も重要ですよね。

入試に出題されるのは、文学・小説などの読解の他は、漢字や熟語・ことわざ・故事成語・語彙や文法(現代語、古語)などになるでしょうね。参考書も有用ですし、受験用のドリルやワークブックや問題集も有効、記憶が必要な学習では、明らかに反復練習は効果的でしょう。

古文と漢文も出題されるが、基本的に学校や教科書で学習した文章がそのまま出て来る事はほとんどないだろう。国語は我々の言葉ですからね。常に新しい文章が現れるし、作られる。試験対策としては、基本的には初見の文章が出題されるわけだから、そのことはあまり気にせず、普遍的な意味での学習を続けていけばいいと思うが、市販の参考書や問題集はバラエティに富んだ文章、原典を提示するだろうから、有益なな学習素材になるだろう。現編集者の感覚ではやややりすぎにも思われるが、前編集者の指摘として、高校用の古文漢文の参考書などで、いくつかの古典作品の口語訳を調べておくと有益だと書かれている。

正直な現編集者の感覚としては、古文漢文の高校入試における試験対策は、あまりややこしいことを考えず、行き当たりばったりでその場の試験問題を考えるしかないように思われるが、基本的な古典単語や、基本的な古典文法などの地道な学習はやはり重要になるだろう。そしてそのために、中学生用のドリルや問題集は有用な補助教材だろう。

そして文法に関しては、現代国語の文法も試験の出題範囲になる。

国語の学習としては、漢字・古文・文法など明確に学習法が定まる課題の一方で、現代文、近代文学などの読解問題も大きな課題になりますね。ただこのトピックに対する試験対策として、即物的な、明確な指針は提示できないので、やはり普段から国語の学習の総体的、本質的な側面を意識して勉強するのが良いように思われます。

前編集では現代文読解問題対策として、高校生用の現代文の参考書などを読み、現代文のさわり、全体像を知っておくのが効果的と書かれ、現編集者もその学習法を否定するつもりはありませんが、しかし一方で、文章、や小説を読むという事は、一つののまとまった作品を最初から最後まで読む、ということなんですよね。つまり最初から最後まで、その作品を全部読まないのは、その作品を読んだことにはならないと思います。

ですから、高校入試対策としては致し方ない面はありますが、参考書で文章や小説のさわりだけ読んで読んだ気になるのは、読書、読解としては邪道だとは思います。

文法[編集]

文法(現代文・古文)や漢文の句法は、ドリルやワークブック・問題集があると効率的かもしれません。

文法、句法は暗記というより、理知的な構造を探求したり、言葉の仕組みを考えることですから、興味深く楽しく学習出来ると思います。

はっきり言って現編集者の感覚では、中学校の古典文法と漢文句法、解説を読んで理解しただけでも充分な学習をしたと考えるが、前編集者は実際にノートに鉛筆で書き取り練習をしたうえで、しっかりと手と体で覚え、記憶に定着させるべしと書いている。

他者の意見も書いておく、両論併記のためにこれを記述しておきます。

私立高校入試の古文漢文[編集]

対策として、その高校の過去問をよく見ていくといいですね。古文が全く出ない高校もある一方で、高校入試ではあまり出題されない漢文を課す高校もあります。

前述したように、入学試験問題では一般的に、教科書で学習した文章が出題されるのではなく、初見の文章が提示されるはずです。例えば古文では、一般的に中学校で扱う作品、高校で扱う作品などの傾向がありますが、『土佐日記』(とさにっき)は高校で本格的に習いますが、いちぶの中学生向けの教材(資料集)などにも書いてあり、高校入試(特に私立高校)にも出題される場合があります。

一般的傾向として、私立高校入試問題の古文は難易度が高いとみていいでしょう。前編集者の推奨対策としては、高校受験用の発展的な古文テキスト・参考書、そして古文文法テキスト・参考書の学習が有効なようです。具体的な内容として重要なのは、

  1. 仮名づかい(頻出)
  2. 「をかし」「あはれ」「いと」などの基本的な古文単語
  3. 係り結びなどの基本的な文法

、まず、この三点を押さえておきましょう。

読解問題については、基本は現代文と同じです。「だれが」「だれに」「なにをしたのか」を整理すること、筆者が言いたいことはなにか、物語の主題、最終展開はなにかといった点を読み取ってみましょう。

古文は現代文とリズムや調子が違うので、古文に特化した参考書やテキストを手に入れて、その文章世界に慣れるようにするといいですよ。

古文の有名作[編集]

大学受験用の参考書として、三省堂(さんせいどう)や日栄社(にちえいしゃ)が著名な古文作品の口語訳集を出版しています。

高校入学試験の古文としては、これらの著名作品から出題されることが多いので、前編集者の推奨としては、幾つか読んでみて、その作品の概要やストーリーを知っておくと有益だと指摘しています。

現編集者としては、学習としてあまり正攻法とは言えないと考えますが、受験対策として効果的な一手であることは事実でしょう。

ただ、もう少し大きな視点で見ると、それは文学史の学習に近く、その一環と見たほうがいいようにも感じます。