実用数学技能検定

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

実用数学技能検定とは日本数学検定協会が運営している検定。就職・進学では優遇される事もある。略して「数検」とも呼ばれる。また、数学領域である1級から5級までを「数学検定」、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」とも呼ぶ。

学習する方法としては公式ガイドブックなどを使用して学習するとよい。

各級の程度[編集]

レベル 試験
1 大学程度・一般 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
準1 高校3年程度(数学Ⅲ程度) 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
2 高校2年程度(数学Ⅱ、数学B程度) 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
準2 高校1年程度(数学Ⅰ、数学A程度) 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
3 中学3年程度 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
4 中学2年程度 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
5 中学1年程度 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定
6 小学6年程度
7 小学5年程度
8 小学4年程度
9 小学3年程度
10 小学2年程度
11 小学1年程度
かず・かたち検定(ゴールドスター、シルバースター) 就学前児童
  • 出題範囲は、1級とかず・かたち検定を除き相当学年までの学習指導要領に掲載された学習事項です。その学年の内容だけでなく、それ以前の学年の内容も多く出題されます。また、思考力を問う問題もあります。
  • 5級以上は1次試験と2次試験があります。

受験方法[編集]

  • 個人受験、団体受験、提携会場受験の3つの受験方法がある。
  • いずれの級、受験方法でも筆記試験で行われる。
  • 6~11級ではものさしの使用が、6~8級ではコンパスと分度器の使用が認められている。5級以上とかず・かたち検定では何も使用できない。全級において電卓は使用できない。

その他受験に関することで分からないことがある場合は、直接問い合わせていただきたい。

リンク集[編集]

公式ホームページ

各級の過去問題 ※1回分


Wikipedia
ウィキペディア実用数学技能検定の記事があります。