小学校国語/ローマ字

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローマ字はあなたの町のかんばんなど、さまざまなばしょに使われています。それを読むときにローマ字を覚えておくと、とてもべんりです。パソコンで文字を入力するときも、使われています。

書き方[編集]

  まがった音
a あ i い u う e え o お  
ka か ki き ku く ke け ko こ kya きゃ kyu きゅ kyo きょ
sa さ si (shi) し su す se せ so そ sya しゃ syu しゅ syo しょ
ta た ti (chi) ち tu (tsu) つ te て to と tya ちゃ tyu ちゅ tyo ちょ
na な ni に nu ぬ ne ね no の nya にゃ nyu にゅ nyo にょ
ha は hi ひ hu (fu) ふ he へ ho ほ hya ひゃ hyu ひゅ hyo ひょ
ma ま mi み mu む me め mo も mya みゃ myu みゅ myo みょ
ya や (i) yu ゆ (e) yo よ  
ra ら ri り ru る re れ ro ろ rya りゃ ryu りゅ ryo りょ
wa わ i   e o を  
n ん
ga が gi ぎ gu ぐ ge げ go ご gya ぎゃ gyu ぎゅ gyo ぎょ
za ざ zi (ji) じ zu ず ze ぜ zo ぞ zya (ja) じゃ zyu (ju) じゅ zyo (jo) じょ
da だ zi (ji) ぢ zu づ de で do ど zya (ja) じゃ zyu (ju) じゅ zyo (jo) じょ
ba ば bi び bu ぶ be べ bo ぼ bya びゃ byu びゅ byo びょ
pa ぱ pi ぴ pu ぷ pe ぺ po ぽ pya ぴゃ pyu ぴゅ pyo ぴょ

れい[編集]

ローマ字 Rômazi

のばす音は、上に「^」がつく。

おとうさん otôsan
おかあさん okâsan
おにいさん onîsan
おねえさん onêsan
おばさん obasan
おばあさん obâsan
東京都とうきょうと Tôkyô-to (2つの ことば を つなぐ とき、「-」を つかう こと が ある。)
日光にっこう Nikkô
北海道ほっかいどう Hokkaidô
九州きゅうしゅう Kyûsyû
日本にっぽん Nippon
富士山ふじさん Fujisan

このように、名まえや 地名ちめい の さいしょ は、大文字おおもじ で 書く。

山田やまだ たろう  Yamada Tarô または Tarô Yamada
とり tori
うま uma
いぬ inu
ねこ neko
うし usi
ぶた buta
金魚(きんぎょ) kingyo
花(はな) hana


学校 gakkô

「gakô」だと、「ガコー」に なってしまう。

「っ」のようにつまる音は、そのあとの文字を、2つ続ける。

日記にっき nikki
実験じっけん jikken
事件じけん jiken
切手きって kitte
雑誌ざっし zassi
ねっこ nekko
nekoだと、「ねこ」に、なってしまう。


本屋ほんや hon’ya
「honya」だと、「ほにゃ」に なってしまう。

コンピュータのローマ字入力のときは、一部の文字の入力方法ほうほうが 変わる。

を→wo  ん→nn   ぢ→di  づ→du   ぢゃ→dya  ぢゅ→dyu  ぢょ→dyo