小学校国語/枕草子

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『枕草子』(まくらのそうし)とは、清少納言(せい しょうなごん)という実在の女が、日ごろ(ひごろ)、感じたことを書いた文章である。現代(げんだい)でいう、「随筆」(ずいひつ)である。枕草子は、物語ではない。平安時代の作品である。

(以下、書き出しの部分)

春はあけぼの[編集]

枕草子「春はあけぼの」の音読

現代語訳

 
 春はあけぼの。やうやう(ようよう)白くなりゆく山ぎは(やまぎわ)、少し明(あ)かりて、紫(むらさき)だちたる雲の細くたなびきたる。
 

春は、明け方(あけがた)が良い。 だんだん、白くなっていく山ぎわが、 少し明るくなって、紫がかった雲が、細くたなびいているのが、良い。

(読み: はる わ あけぼの。 ようよう しろく なりゆく やまぎわ、 すこし あかりて、むらさきだちたる くも の ほそく たなびきたる。)

  • あけぼの ・・・ 意味は「明け方」(あけがた)、「夜明け」(よあけ)など。
  • やうやう ・・・ 「ようよう」と読む。意味は、「だんだん」。

枕草子「夏は夜」の音読
 
 夏は夜。月の頃はさらなり。やみもなほ(なお)、ほたるの多く飛びちがひ(い)たる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。
 

夏は夜が良い。 月のあるころは言うまでも無い。(言うまでもなく、良い。) 月のない闇夜(やみよ)ですらも、蛍の多く飛び立っているのが見れて良い。 ただ、一ひき、二ひきなど、少しずつ飛んでいくのも、おもむきがある。 雨などがふるのも、おもむきがある。

  • をかし
「をかし」で一つの単語であり、古語での意味は、「おもむきがある。」という意味。現代で言う「面白おかしい」とは意味がちがうので、注意。古文の重要単語なので、おぼえよう。

枕草子「秋は夕暮れ」の音読
 
 秋(あき)は夕暮れ(ゆうぐれ)。夕日のさして山の端(は)いと近うなりたるに、烏(からす)の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて、かりなどのつらねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音(かぜのおと)、虫の音(むしのね)など、はた言ふべきにあらず。
 


秋は夕暮れが良い。 夕日がさして、山ぎわに近くなったころに、からすが、ねぐらに帰るために、三羽・四羽、あるいは二羽・三羽、飛んでゆくのも、しみじみとしている。 まして、かりなどの列をつくっているようすが、(遠くを飛んだりして)小さく見えるのは、とても、おもむきがある。日がしずんでしまって、風の音や虫の声が聞こえてくるのは、言うまでも無い。(言うまでもなく、とても、おもむきがある。)

※ 「言ふべきにあらず。」の訳を、「言うことが出来ない。」「言いようが無い。」という訳をする場合もある。「言いようが無いほど、おもむきがある。」というような意味。

  • いと(をかし) ・・・ 「いと」の意味は「とても」。「いとをかし」で、「とても、おもむきがある。」などの意味になる。「いと」と「をかし」は古文の重要単語なので、おぼえよう。
  • あはれ ・・・ 「あわれ」と読む。意味は「しみじみとしている。」とか、「ものがなしい。」など。現代で言う、「かわいそう」という意味の「哀れ」(あわれ)とは、古語では意味がちがうので注意。古文の重要単語なので、おぼえよう。

枕草子「冬はつとめて」の音読
 
 冬はつとめて。雪のふりたるは言ふべきにもあらず、霜(しも)のいと白きも、またさらでもいと寒き(さむき)に、火(ひ)など急ぎおこして、炭(すみ)持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火をけ(ひおけ、火桶)の火も、白き灰がち(はいがち)になりてわろし。
 

冬は、早朝が良い。雪のふりつもった朝は、言うまでもない。(言うまでもなく、良い。) 霜(しも)がおりて、たいそう白くなっているのも、また、そうでなくとも、たいそう寒い朝に火などを急いで起こして炭火を持って、廊下(ろうか)などをわたるのも、(冬らしくて)とても似つかわしい。(しかし、)昼になって、寒さがしだいにゆるんでいくと、火おけの火が、灰がちに白くなっているのは、みっともない。

  • つとめて ・・・ 意味は「早朝」
現代語の「つめたい」とは無関係なので、混同しないように。