拡張子ハンドブック/D

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

d[編集]

  • make時に作られる依存関係を記したファイル
  • D言語のソースファイル

dat[編集]

データを含むファイルの拡張子として一般的に使われる。フォーマットはまちまち。 有名なものとして以下がある。

  • 2chのスレッドファイル

def[編集]

Export Definition File。DLLにおける公開関数の定義等。

deb[編集]

Debian/Ubuntu派生ディストリビューションに良く用いられているdpkg向けのバイナリパッケージファイル。

desktop[編集]

Linux等で使われるメニューやランチャ、デスクトップのエントリファイル。Windowsのショートカットのようなもの。 freedesktop.orgによって作られたDesktop Entry Specificationで定義されている。

dib[編集]

Windows bitmapファイル

diff[編集]

差分ファイル。

divx[編集]

DivX動画。

dlc[編集]

JDownLoaderのコンテナファイル。

dll[編集]

ダイナミックリンクライブラリ

doc[編集]

Microsoft Word の文書ファイル

dochtml[編集]

Microsoft Word で生成されたHTML文書ファイル

docx[編集]

Microsoft Word 2007 の文書ファイル

dot[編集]

Microsoft Word のテンプレートファイル

drv[編集]

16bitドライバ

dvi[編集]

DVIファイル

dxf[編集]

CAD図面ファイルフォーマット DXF