数学演習/中学校1年生/データの活用

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中学校数学 1年生-数量/資料の散らばりと代表値

統計学の基礎的内容です。間違えた場所がある場合は上記のページを見直し、もう一度解いてみましょう。

解答はこちらにあります。

有効数字[編集]

有効数字の表し方[編集]

以下のされている数値を指定された(けた)数での有効数字で表しなさい。ただし、10の累乗(るいじょう)にかけられる数は1以上10未満の数としなさい。

…である。(どうしてこうなるのかは高等学校数学で学習する)

(1)12345(有効数字2桁)

(2)900.99(有効数字3桁)

(3)3.1415(有効数字3桁)

(4)0.0077(有効数字1桁)

(5)1000000(有効数字4桁)

代表値とグラフ[編集]

次の表はある学校の生徒20人が20mシャトルランを行った時の記録である。以下の問題に答えなさい。回数の部分の「35-45」は35回以上45回未満のことを表す。

回数 35-45 45-55 55-65 65-75 75-85 85-95 95-105
人数 1 1 2 4 7 3 2

(1)回数が16番目に多い人の階級値を求めなさい。

(2)この20人の最頻値を求めなさい。

(3)このデータの中央値を求めなさい。

(4)このテストの平均値を求めなさい。

(5)上記の表を度数折れ線にした時、正しいものを下の①~⑥から選びなさい。

選択肢一覧.jpg