明晰夢/意識を持つテクニック

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢の中で夢を見ていると意識するためには、夢を思い出す方法がもっとも初歩的です。 しかし、夢を思い出す以外にも、意識を保つために日常生活で出来る方法はたくさんあります。ここではそれを紹介していきます。

自分の行動を意識する[編集]

あなたは不思議に思うかもしれません。私たちは普段自分がしていることを意識しているではないか、と。 しかし本当にそうでしょうか。たとえば自転車に乗っている時、あなたは自分の足がペダルを動かしていることについて意識したことがあるでしょうか。 あるいは通いなれた道を歩いているとき、今左足を前に出して地面を蹴って次に右足を出して……と考えたことがありますか。

このように、私たちの脳は、日常で頻繁にとる行動の多くを無意識下で自動化しています。この脳の働きのおかげで、私たちは歩きながら好きな異性のことを考えたり、日常のルーティン作業を意識することなくテキパキとこなすことができるのです。

では、なぜこれが明晰夢を見るために役立つのでしょうか。

夢というのは、無意識化で見ているものです。明晰夢は、夢を「夢を見ている」と認識した時にはじめて明晰夢となります。これは、先ほど挙げた自転車に乗っている時にペダルをこいでいる足を意識することと同じなのです。

無意識で行っている処理を意識して行うことで、夢の中で「あ、今自分は夢を見ているんだ」と意識出来る確率が高まります。 そのために、日常生活の中で、決まった時間、あるいは気付いた時に「私は○○をしている」または単に「私は今自分を意識している」と心の中でつぶやくようにしましょう。 これにより、普段無意識の中に沈んでいる意識が浮かび上がり、夢を見ている時に「私は今夢を見ているんだ」と気づくことが出来ます。

これによりある種の弊害が生じます。それは、普段無意識で処理しているプロセスを無理やり意識化に上らせるため、疲労を余計に感じてしまうということです。 この訓練を行う場合、夜更かしはやめ規則正しい生活を心がけるようにしてください。規則正しい生活は夢を見るためにも大切なことです。

自分の手を見る[編集]

自分の行動を意識することと似ていて、かつそれよりもやや容易な方法です。 することは定期的に自分の手を見る、ただそれだけです。もちろん、手ではなく足を見るとか空を見るとかでも良いのですが、一番確認しやすく見慣れているのは手だと思います。 また、応用的に、手を見ながら「私は今自分の手を見ている」と心の中でつぶやくようにしてみても良いでしょう。