明海大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本ページは、明海大学の入学試験対策に関する事項である。明海大学は千葉県浦安市にある大学である。日本で唯一の不動産学部がある。高校基礎レベルの知識を育成しておかないと解けない問題が出される。倍率は1.5倍くらいである。これは3人受験したら1人は落ちるということなので、しっかり勉強しないと合格は難しい。

センター利用 センター試験1科目もしくは2科目で合否が決まる。歯学部は65%、その他の学部は45%が合格水準である。

英語 本学は英語が全学部共通の必須科目で、2科目入試ということもあり、英語の出来が合否を大きく左右する。また、ホスピタリティ・ツーリズム・外国語学科ではリスニングテストも実施される。リスニングテストは苦手な人が多いので対策しておくべき。

国語 現代文が出る。勉強手順として過去問でやることをお薦めする。

数学1A 歯学部、経済学部、不動産学部は数学の選択が可能である。歯学部と経済/不動産学部の問題は異なる。範囲は数学1aであり、特に確率は苦手な受験生が多いので、過去問だけでなく、教科書や参考書等で学習しておいたほうがいい。