植物とはどのような生き物か?

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 植物学 > 植物とはどのような生き物か?

植物とは何か?[編集]

 植物とは、生物を大きく分類したときの、大きな一群のことである。一般的に、

    • 緑色の色素を持ち、光合成により、エネルギーを自己生産することができる
    • 細胞壁を持っている
    • 成長した後に、自己を移動させることができない

   生物であると認識されている。この認識は、一部の例外を伴うが、大体において植物を指すのに正しいと言えるだろう。具体例を挙げて考えてみよう。タンポポは植物か?タンポポは光合成をする。タンポポの細胞には細胞壁がある。タンポポは発芽した後、自身を移動させることができない。タンポポは植物である。同様に杉やオレンジ、アンズ、サボテンなども植物である。では、シイタケは植物か。ワカメはどうだうか。ユーグレナは植物なのか?    答えはどれも否である。シイタケワカメユーグレナも植物ではない。

このページ「植物とはどのような生き物か?」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。