沖縄地誌

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖縄県は日本の南西部に位置する県。一年中温暖な気候を特徴とし、長い間独立国であったことから、独自の文化を多く持つ。

地形[編集]

沖縄県は、九州の南から台湾の東に連なる南西諸島の南半分を県土にもつ。中心となるのは沖縄島(沖縄本島)で、日本では本土四島に次いで5番目に大きな島である。沖縄県は沖縄島の他、久米島や渡嘉敷島などの慶良間列島を含む沖縄諸島宮古島や多良間島などを含む宮古列島並びに石垣島西表島、そして日本最西端の与那国島や民間人が到達できる日本最南端の波照間島などを含む八重山列島からなる先島諸島、そして北大東島南大東島、少し離れて沖大東島からなる大東諸島から構成される。沖縄島の地形は、南部に平野が多く、北部には山地が多い。最高峰は石垣島にある於茂登岳で、標高は526m。

気候[編集]

社会[編集]

産業[編集]

文化[編集]