「線型代数学/ベクトル」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
\vdots\\
a_n\\
\end{pmatrix} \in \mathbf K^n
</math>
と定数<math>\lambda \in \mathbf K</math>について、ベクトルの定数倍 <math>\lambda \mathbf a</math>を次のように定義する。<br>
:<math>\lambda\mathbf{a}=
{{定義|0.1.7}}
<math>\lambda\mathbf{a}=
\begin{pmatrix}
\lambda a_1\\
\lambda a_n\\
\end{pmatrix}</math>
{{定義終わり}}
 
===零ベクトル===
ベクトルの成分がすべて0であるベクトルを零ベクトルといい、<math> \mathbf{0} = \begin{pmatrix} 0 \\ 0 \\ \vdots \\ 0 \\ \end{pmatrix}</math>で表す。<br>
を零ベクトルという。<br>
'''定義'''
<math> \mathbf{0} = \begin{pmatrix} 0 \\ 0 \\ \vdots \\ 0 \\ \end{pmatrix}</math>
 
===逆ベクトル===
ベクトルのすべての成分にマイナス1をかけたベクトルを逆ベクトルといい、<math> - \mathbf{a} = \begin{pmatrix} -a_1 \\ -a_2 \\ \vdots \\ -a_n \\ \end{pmatrix}</math>で表す。<br>
を<math> \mathbf a</math>の逆ベクトルという。<br>
'''定義'''
<math> - \mathbf{a} = \begin{pmatrix} -a_1 \\ -a_2 \\ \vdots \\ -a_n \\ \end{pmatrix}</math>
 
==ベクトルの演算の性質==
260

回編集

案内メニュー