特殊相対論 ローレンツ収縮

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

特殊相対論 > ローレンツ収縮


ローレンツ収縮[編集]

ある観測者に取って 時刻0で、x=0に左端があり、 x=lに右端がある 棒を考える。 このときx方向に速度vで移動している 観測者に取って (0,0)はそのままであるけれども (0,l)は、 が得られ、右端と左端は 異なった時間にあるように見えることが分る。

右端は速度vで動いている観測者から見て 速度vで動いているように見えることから 右端の動いている観測者に対する運動は ( に適切な値を代入すると、) と書かれる。 t = 0 とおくと、 , , が得られ、 つまり、棒が縮んでいるように見えることが分かる。 このことをローレンツ収縮と呼ぶ。