コンテンツにスキップ

細胞生物学/Introduction/What is a cell

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
細胞とは何か?

細胞(さいぼう、Cell)は動植物を構築する構造単位です; さらに、多くの単一細胞の有機体がいます。 すべて の生きている細胞に共通にあることは、それらがほとんど水からできている小さな「袋」であるということです。 その「袋」はリン脂質の二重層膜(にじゅうまくそう、phospholipid bilayer membrane)から作られます。 この細胞膜は半透性(はんとうせい、semi-permeable)です(他をブロックしている間、細胞の中に、または、それから通る若干のものの通過を許す。) 私たちが後に触れるが、この膜を通過した輸送の他の方法が存在します。


そして、何が細胞にあるか。 細胞には、遊離アミノ酸(ゆうりアミノさん、free amino acid)、タンパク質(protein)、炭水化物(carbohydrate)、脂肪(fat)および多数の他の分子から成る90%の流体 -細胞質(さいぼうしつ) cytoplasm と呼ばれる- があります。 細胞環境(つまりDNAがパックされる方法と同様に細胞質と核の内容)も、遺伝子発現/規則に影響し、したがって継承のとても重要な様子です。 下記は、他の構成要素(各々の構成要素は後で更に詳細に議論されます)に近いものです:

元素[編集]

  • 59%の水素(H) ;Hydrogen
  • 24%の酸素(O) ;Oxygen
  • 11%の炭素(C) ;Carbon
  • 4%の窒素(N)  ;Nitrogen
  • 2%の他のもの-燐(P) ;Phosphorus、硫黄(S) ;Sulphur など

分子[編集]

  • 50%のタンパク質
  • 15%の核酸 (nucleic acid)
  • 15%の炭水化物
  • 10%の脂質
  • 10%の他のもの


細胞質の構成要素[編集]

細胞成分がすべて後の章で議論されるので、下記は追加の読書です。

  • サイトゾル Cytosol-主としてそれに浮かぶ水および多数の分子を含んでいる-細胞器官以外のすべて。
  • オルガネラ Organelles 「高等な」真核生物(それらは、また、膜がある)の有機体中の細胞器官:
    • (かく) Nucleus (発音:ニュークリアス) (真核生物中の) - 遺伝物質(DNA)がある場所で、RNAが転写されます。
    • 小胞体(しょうほうたい、ER:Endoplasmic Reticulum ) - タンパク質の合成にとって重要。それは、特定の修正および位置のために予定された分子用の転送ネットワークです。2つのタイプがあります:
      • 荒いER - リボソームを持っており、「シート」においてより多い傾向があります。
      • 滑らかなER - リボソームを持っておらず、単なる管状のネットワークでない傾向があります。
    • リボソーム Ribosomes -半分は小胞体上にあります、他方の半分はサイトゾルにおいて「自由である」、これはRNAがタンパク質の中への翻訳に出かける場所です。
    • ゴルジ体(ゴルジたい) Golgi Apparatus(発音:ゴルジー アポラーテス) - 糖鎖形成、分泌にとって重要。ゴルジ体は、いわば細胞にとっての、無停電電源装置のようなものです。ここで、タンパク質および他の分子は細胞の外部を送るために準備されています。
    • リソソーム Lysosomes(発音:ライソソーム) - 消化剤袋は動物細胞にのみ見つけました;消化の要点。
    • ペルオキシゾーム Peroxisomes - 植物と動物の両方の中で、異化の反応を行なう使用酸素。この細胞器官では、カタラーゼ(catalase) と呼ばれる酵素が、過酸化水素を水および酸素ガスに分割するために使用されます。
    • 微小管(びしょうかん) Microtubules (単数形の発音:マイクロチューブロ) - チューブリン(tubulin)から作られ、中心小体(ちゅうしんしょうたい、centrioles)、繊毛(せんもう、cilia、英発音:シリア)などを構築します。
    • 細胞骨格 Cytoskeleton – 微小管、アクチン(actin) および 中間フィラメント(intermediate filaments) 。
    • ミトコンドリア Mitochondria(発音:マイトコンドリア) - 食糧を使用可能なエネルギーに変換します。(ATP生産)ミトコンドリアは酸素呼吸によって、これをします。それらには2つの細胞膜があります、内膜形は異なるタイプの細胞間に異なります、しかし、それらは、クリステ(cristae)と 呼ばれる射出を形成します。ミトコンドリアは、次に関して、1つのサイズのバクテリア、また、それはそれ自身の遺伝物質およびリボソームを運びます。
  • 液胞(えきほう) Vacuoles - より一般に植物に関係していました。植物には一般に大きな液胞があります。動物細胞ではなく植物細胞で見つけられた細胞器官:
    • 色素体(しきそたい) Plastids(発音:プラステーズ) - 膜は、記憶装置と食糧生産の中で使用される細胞器官を拘束しました。これらは全体の原核細胞に似ています。例えば、ミトコンドリアのように、それらは独自のDNAを含んでおり自己再生します。それらは次のものを含んでいます:
      • 葉緑体(ようりょくたい) Chloroplasts(発音:クローロプラースツ)- 光/食物を使用可能なエネルギーに変換します。(ATP生産)
      • 白色体 Leucoplasts -デンプン(starch 、発音:スターチュ)、タンパク質および脂質を蓄積する。
      • 有色体 Chromoplasts(発音:クローモプラースツ) - 色素(pigments 、発音:ピグメンツ)を含んでいます。(例えば花に色を提供する)
    • 細胞壁(さいぼうへき) Cell Wall - 原核生物と植物細胞で見つけられました。これは、構造の支持および保護を提供します。