経済統計

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
経済学 > 経済統計

経済統計(けいざいとうけい、Economic Stastics)とは、経済学をマクロ面で分析し、分析した内容を数理統計学やSNA,産業連関分析などの方法で、実際の経済のあり方を明らかにするものである。経済産業省のホームページなどには、こうした経済統計を利用した統計が載っており、経済政策の決定にも役立てられている。この経済統計のフリー教科書では、経済統計の基本的内容を確認することを目標としたい。

Wikipedia
ウィキペディア国民経済計算の記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアデフレーターの記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア消費者物価指数の記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア産業連関表の記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア決算短信の記事があります。


教科書の目次[編集]

第Ⅰ部

  • 第1章 経済統計と経済分析
  • 第2章 SNA
  • 第3章 物価指数とデフレーター
  • 第4章 産業連関表
  • 第5章 GDP統計
  • 第6章 季節調整および季節調整済み指数(四半期・月次統計)

第Ⅱ部

  • 第1章 工業統計
  • 第2章 家計調査
  • 第3章 労働力統計
  • 第4章 毎月勤労統計
  • 第5章 国際収支
  • 第6章 財政・金融統計
  • 第7章 生産動態統計
  • 第8章 景気動向指数


概説

参考文献[編集]

  • 作間逸男[編]『経済統計学』SNAが分かる 有斐閣アルマ

外部リンク[編集]

経済産業省統計 総合経済分析センター