統語論

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

統語論は文を対象とし

  1. 語と形態素を結びつけてさらにそれを再配置し、それによって音声解釈と意味解釈がどのように対応させられるかを研究する分野です。
  2. さらに、幼児の言語獲得、第二言語獲得の基礎理論ともなります。

直接構成素分析[編集]

直接構成素分析(Immediate Constituent Analysis)は文を、それを直接構成する要素に順次わけていき、それを文を構成する最小要素である語・形態素にたどり着くまで続け、最小要素が文を構成するステップを示します。 例を見てみましょう。

The girl kissed the boy suddenly

はまず

The girl+kissed the boy suddenly

不連続構成素[編集]