美術教育

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はじめに[編集]

Icon tools.png このページ (美術教育) では、美術教育について説明します。なお、独自研究や中立性を欠いた文章を含んでいる場合があります。独自研究の中には多くの場で共有されている意見もあれば、少数の意見もありますのでご注意ください。


美術教育は非常に重要である。さまざまなイメージをふくらませ、創造性の高い職業(工業科学文学芸術など)に必要不可欠である。 また、美術はいくつかの専門分野に分かれるが、これは、個々の脳の特性によって理解することができる。 主に具象的、抽象的な表現があるが、具象的な表現が得意な人は右脳の働きが活発で、また、 抽象的表現が得意な人は左脳の働きが活発な傾向がある。 したがって、 具象的な絵画や彫塑などが得意な人は空間認識能力、予測能力が高く、 また、抽象的なデザインなどが得意な人は言語能力、数学的論理能力が高い。 美術的才能を磨くことによって、多方面の才能(科学、文学、商業など)を容易に伸ばすことにつながる。

美術教育の意義とは[編集]

複合的には五感を使うのであるが、主に、目で見る判断能力、手を使った製造能力の2つの能力を磨くことになる。 目と手を使って感じ取りながら表現を行う行為は、幼児教育から必要であり、もっとも原始的であり、もっとも有効な手段となる。

最近の教育界の動向としては、芸術教育を減らす方向に進んでいるが、このことが逆に子供の全体的に物事をとらえる力をなくし、数学(算数)・理科嫌いを助長しているといわれている[要出典]

美術の構造と学習[編集]

道具、媒体

 
 
 貼る
 粘土
 撮る

表現方法

平面(2次元)
 描写
 色彩
 平面デザイン
 版画
 漫画
立体(3次元)
 彫塑
 立体デザイン
複合(2~3次元)
 絵本
 映画
 コンピュータグラフィック