聖書ヘブライ語入門/名詞文・主述統合・冠詞・名詞の型/名詞文/語順,従属文

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 4.3.3 語順,従属文

文1 文4 では,述部が―日本語とは反対に―主部の前に置かれている. しかし接続詞 וְ で導入された文5 では,逆に主部が述部に先行している. 接続詞 וְ に始まる名詞文を従属文,そうでない文を独立文とすると,文の語順は,原則として,独立文は〈述部―主部〉,従属文では〈主部―述部〉である.従属文は,原則として,先行の文の存在を前提とするが,「出エジプト記」のように,いきなり従属文で始まる書物さえある. そのような場合を含めて,従属文は,その前あるいは後の文で 語られる出来事に対して「従属」したことがら(例えば,状況説明,註釈)を表現している,ということができよう.