聖書ヘブライ語入門/文字と子音/数値

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数値

ヘブライ文字で数を表すことは,紀元前 2 世紀頃に始まったらしい.組み合わす場合には,大きい方の数を表す文字を先に,すなわち(右)に書く. たとえば יג は 13, רעה は 275, תשעו は 776 (400+300+70+6) である.神名 יהוה 《ヤハウェ》の略語である יח とיו を数字として用いることをさけるため, 15 は ‏טו‎ (9+6) で,16 は ‏טז‎ (9+7) で表す.千位の数は一位の数を表す文字の上に・を二つつけて表す( ‎‏א‎̈ = 1000, ‎‏ב‎̈ = 2000). 聖書本文で文字が数を表す箇所はないが,ヘブライ語聖書の刊本には,章節の数をヘブライ文字で記しているものもあるので,できれば覚えておいた方がよい.