Wikibooks:過去ログ化のガイドライン

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Purple question mark.svg この文書はウィキブックス日本語版の公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。内容に関する議論はトークページで受け付けています。

注意[編集]

当ウィキブックスでは、ウィキペディアでの過去ログ化ガイドラインは、踏襲してません

当ガイドラインは、けっして正式決定したものではないので(2016年現在)、もし読者がウィキブックスの各記事で過去ログ化をする際には、読者の自己責任でお願いします。当記事の編集者一同は、読者の過去ログ化作業に関して、いっさい責任を負いません。

もし、当記事の内容について、変更の必要があると感じた場合は、適宜、修正してください。

なお、まだ、ウィキブックスでの過去ログ化の方針は整備中です。

現状での、過去ログ化の原則[編集]

ウィキブックス日本語版では、単に古くなった議論を過去ログ化する場合には、固定リンク方式を原則の方法とすることを推奨します。

固定リンク方式についての説明は、ウィキペディアのヘルプ記事『w:Help:過去ログ』などに解説があります(2016年現在)。もし固定リンク方式について分からないなら、まだ過去ログ化の作業を行わないほうが良いでしょう。

ウィキブックスにおいて固定リンク方式を推奨する根拠としては、他の方法(サブページをつくるなど)と比べて、固定版方式では編集方法をまちがった場合の差し戻しが容易なことが根拠です。

ただし、過去ログ化する記事によっては、技術的な理由などで、どうしても移動方式やサブページ方式など、固定リンク方式以外の方法による過去ログ化が必要な場合も考えられます。そのような場合、固定リンク方式以外の過去ログ化も可能です。

関連リンク[編集]

関連する議論[編集]

  • Wikibooks:談話室』での2015年10月26日 (月) 11:48 (UTC)ごろの議論「過去ログ作業の公式方針を整備すべき」。