釧路公立大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア釧路公立大学の記事があります。

本項は、釧路公立大学の入学試験対策に関する事項である。

釧路公立大学は、北海道にある公立大学である。経済学部のみ設置されている。

センター試験[編集]

釧路公立大学では「国語」、「英語」の2科目が必須、「地歴公民」、「数学」から1科目選択の計3科目3教科である。前期試験はセンター試験のみ、中期試験はセンター比率がセンター:二次が600:600である。

2次試験[編集]

中期日程の2次試験対策について記述する。2次試験として「英語」、「数学」「国語」から1科目選択の計2科目が課される。


英語[編集]

90分で長文総合問題が3題、英作文1題である。英作文対策はライティングの教科書、和文英訳の問題集をやり、その問題となった英文を丸暗記することである。何冊もの参考書を中途半端にやることはお勧めしない。長文総合問題は英文和訳問題、空欄語句補充問題、意味の近い語句選択問題、内容一致問題等が出題される。

数学[編集]

90分で4題を解答することになる。数ⅠAⅡが試験範囲である。大問4題出題され、基本問題が大半を占める。満遍なく出題される傾向であるため、学習内容の抜けがないように対策する必要がある。教科書及び教科書傍用問題集のA問題、B問題を繰り返し解いてから過去問演習にとりかかろう。

国語[編集]