高等学校古典B/漢文/不出門

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『門を出でず』 (もんをいでず)

菅原道真(すがわらの みちざね)


事前の解説[編集]

遣唐使を廃止したことでも有名な、平安時代の政治家である菅原道真(すがわらの みちざね)が、太宰府(だざいふ)に左遷されたあとの、道真(みちざね)の心境を読んだ詩。

現代語訳[編集]

ひとたび官職を落とされて(筑紫(つくし)に)流されて、粗末な官舎に住んで以来、

万死に値する重い罪に恐れおののき、身の置きどころの無い思いだ。

太宰府の正門の高桜は、わずかに瓦の色を見ることができるが、

観音寺はただ鐘の音を聴くだけである。

胸中の思いは、さて、離れ雲のようで。

我が身以外の世界には、(私は)満月の迎えるように円満な気持ちで接しよう。

この地では、身柄を縛られることはないけれど、

どうして一歩たりとも門を出るだろうか。(いや出はしない。)


書き下し文[編集]

一たび(ひとたび)謫落(たくらく)せられて柴荊(さいけい)に就きし(つきし)より

万死(ばんし)兢兢(きょうきょう)たり 跼蹐(きょくせき)の情(じょう)

都府桜(とふろう)は纔かに(わずかに)瓦(かわら)の色(いろ)を看(み)

観音寺(かんのんじ)は只(ただ)鐘(かね)の声(こえ)を聴く(きく)

中懐(ちゅうかい)好し(よし) 孤雲(こうん)を逐ひて(おいて)去り

外物(がいぶつ)は相(あい)逢ひて(あいて) 満月(まんげつ)迎ふ(むかう)

此の(この)地(ち) 身(み)検繋(けんけい)無し(なし)と雖も(いえども)

何為れぞ(なんすれぞ)寸歩(すんぽ)も門(もん)を出でて(いでて)行かん(いかん)

原文[編集]

不出門

菅原道真


一従謫落在柴荊

万死兢兢跼蹐情

都府桜纔看瓦色

観音寺只聴鐘声

中懐好逐孤雲去

外物相逢満月迎

此地雖身無検繋

何為寸歩出門行

(原典: 菅家後集(かんけこうしゅう) )

語釈[編集]

菅原道真(すがわらの みちざね)- 平安時代の政治家・学者・詩人。政敵の藤原時平の讒言(ざんげん)により、九○一年に右大臣から太宰権帥に左遷(させん)された。
謫落(たくらく) - 罪によって官職を落とされて流される。
柴荊(さいけい) - 粗末な住居。ここでは太宰府の官舎のこと。
兢兢(きょうきょう) - 恐れ慎むさま。恐れおののくさま。 (※「競競」ではないので間違えないように。)
跼蹐(きょくせき) - 「跼」とは縮こまる、身をかがめる。「蹐」とは、抜き足差し足。よって「跼蹐」とは、身の置きどころのない境遇を表したのか。
詩経(しきょう)にある「跼天蹐地」(きょくてんせきち)の略。頭が天にぶつかるの恐れるかのように身をかがめ、地を恐れ抜き足で歩くことから。
都府桜(とふろう) - 「都府」(とふ)は太宰府(だざいふ)。「都府桜」とは正門の高桜。
観音寺(かんのんじ) - 観世音寺(かんぜのんじ)のこと。太宰府の東方にあった。
中懐(ちゅうかい) - 胸中の思い。
孤雲(こうん) - 離れ雲。
外物(がいぶつ) - 自分以外の、外の世界。
検繋(けんけい) - 束縛。「検」は取り調べのこと。
-

語彙[編集]

万死(ばんし) - 何回も死ぬような思いや苦痛。
寸歩(すんぽ) - きわめて近い距離。
-

形式[編集]

七言律詩

押韻[編集]

「荊」「情」「声」「迎」「行」が同じ韻。