高等学校古典B/漢文/不忍人之心

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

孟子曰ハク「人皆有之心。先王有リテ之心,斯之政矣。

ツテ之心,行ハバ之政,治ムルコト天下ラス掌上

所-以(ゆゑん)人皆不之心()ルニ孺子(まさ/す)ニ/ルニ ラムト於井,皆有怵惕惻隱之心

所-以()ルルハリヲ於孺子之父母(なり), 非所-以(もと)ムル於鄉黨朋友(なり), 非ザル(にく)ミテ其聲(しか)ルニ(なり)

リテレバ,無キハ惻隱之心,非ザル(なり)。無キハ羞惡之心,非ザル(なり)。無キハ辭讓之心,非ザル(なり)。無キハ是非之心,非ザル(なり)

惻隱之心,仁之端(なり)。羞惡之心,義之端(なり)。辭讓之心,禮之端(なり)。是非之心,智之端(なり)

人之有ルハ四端也,(な/ごと)ホ/シ ルガ四體也。」

句法[編集]

  1. 所以(ゆえん) - 理由。
    • 「所以〜者」で、「〜する理由は」の意味。
  2. (いま)
    • この文の場合、「今かりに」「今もしも」のような仮定の意味。
  3. (たちま-ち)
    • 急に~する。
  4. (「将」)
    • 再読文字)「(まさ)ニ 〜 ントス」と読み、「今にも〜しそうだ」の意味。
  5. 由是観之(これ)()りて(これ)()れば)
    • 「是(今まで述べたこと)」を根拠に、「之(結論)」を出すと。
    • 再読文字)「()ホ 〜 ゴトシ」と読み、「ちょうど〜のようだ」の意味。
  • -

書き下し[編集]

孟子曰はく「人皆人に忍びざるの心有り。先王人に忍びざるの心有りて、斯(ここ)に人に忍びざるの政(まつりごと)有り。

人に忍びざるの心を以て、人に忍びざるの政を行はば、天下を治むること之を掌上に運(めぐ)らすべし。

人皆人に忍びざるの心有りと謂ふ所以(ゆゑん)は、今(いま)人(ひと)乍(たちま)ち孺子(じゅし)の将に井(せい)に入らんとするを見れば、皆怵惕(じゅつてき)惻隠(そくいん)の心有り。

交はりを孺子の父母に内(い)るる所以に非(あら)ざるなり、誉れを郷党朋友に要(もと)むる所以に非ざるなり、其の声を悪(にく)みて然(しか)るに非ざるなり。

是(これ)に由(よ)りて之を観(み)れば、惻隠の心無きは、人に非ざるなり、羞悪(しゅうお)の心無きは、人に非ざるなり、辞譲の心無きは、人に非ざるなり、是非の心無きは、人に非ざるなり。

惻隠の心は、仁の端なり。羞悪の心は、義の端なり。辞譲の心は、礼の端なり。是非の心は、智の端なり。

人の是の四端有る、猶(な)ほ其の四体有るがごときなり」と。

(『孟子』「公孫丑上篇」より)

語釈[編集]

・先王(せんおう) - 古代のすぐれた王。古代の聖王。とくに、堯(ぎょう)、舜(しゅん)、禹(う)の王。
・孺子(じゅし) - 幼児。
・怵惕(じゅってき) - はっと驚くこと。
・惻隠(そくいん) - あわれみ、いたわる心。
・郷党(きょうとう) - 同郷の人々。
・ -
・羞悪(しゅうお) - 自分の不義を恥じ、人の悪を憎む。
・辞譲(じじょう) - へりくだり、人に譲ること。
・是非(ぜひ) - よいことと悪いこととの区別。
・端(たん) - 糸口(いとぐち)。「端緒」(たんしょ)の「端」。
・ -
・四体(したい) - 両手・両足。

現代語訳[編集]

孟子が言った。 「人には皆、他人の不幸を見過ごせない気持ちがある。 古代の聖王は、人の不幸を見過ごせない気持ちがあったから、人の不幸を見過ごせない政治が行われた。 人の不幸を見過ごせない気持ちで、人の不幸を見過ごせない政治を行えば、天下を治めることは、手のひらにのせて(玉をころがすように)たやすくできる。 人には誰でも、他人の不幸を見過ごせない気持ちがあるというその理由は、もし幼な子が今にも井戸に落ちそうになっているのを見たなら、はっと驚いて痛ましいと思い、助けようとするだろう。 (それは、)幼な子の両親と交際を結ぼうとして、そうするのではない。 村人や友人にほめてもらおうとして、そうするのでもない。 見殺しにしたら非難されることを嫌ったから(そうするの)でもない。 こうしたことから見れば、あわれみの心がないものは人ではない。 自分の不善を恥じ、他人の不善を憎む心のないものは人ではない。 譲り合う心のないものは、人ではない。 善し悪しを見分ける心がないものは、人ではない。 人の不幸を見過ごせない心は、仁の芽生えである。 自分の不善を恥じ、他人の不善を憎む心は、義の芽生えである。 譲り合う心は、礼の芽生えである。 善し悪しを見分ける心は、智の芽生えである。 人がこの四つの芽生えを持つことは、ちょうど両手両足があるのと同じなのだ。」

性善説[編集]

孟子は、人間の本質を、「善」(ぜん)だと考えている。その土台となるのが、ここで「惻隠の心(仁の端)・羞悪の心(義の端)・辞譲の心(礼の端)・是非の心(智の端)」という四つの「端(顕れ・糸口)」である。これを「四端」という。この四つは打算や名誉を求める心から生じたものではなく、人間が元々持っている「忍びざるの心」に由来するのだという。その顕れをもとにして、仁義礼智が成り立つ。

そのため、孟子は人間の本性(ほんせい、ほんしょう)を善だと考えた。この思想を、性善説(せいぜんせつ)という。孟子は、性善説の代表的な思想家である。