高等学校国語総合/漢文/管鮑之交

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

管鮑(かんぽう)の交わり(まじわり)

予備知識[編集]

登場人物の管仲(かんちゅう)は、この文中の昔話の当時は商人であり、当時は政治家ではない。

管仲(かんちゅう)は、のちに斉(せい)の国の宰相(さいしょう)になったが、当時は商人である。文中に戦という文字が何度かあるが、最初の「戦」は、商売のことであり、実際の戦争ではない。

鮑叔(ほうしゅく)は、管仲(かんちゅう)の友人であり、商売でも協力者。

春秋時代の話。

出典は『十八史略』。

現代語訳[編集]

管仲(かんちゅう)という人物がいた、字(あざな)は夷吾(いご)という。 以前、鮑叔(ほうしゅく)と一緒に商売をしていたことがある。 管仲(かんちゅう)は分け前を、自分に多く(= 管仲に多く)、取っていた。 (しかし、)鮑叔(ほうしゅく)は、このことで管仲(かんちゅう)を欲張りとは思わなかった。 なぜなら、管仲(かんちゅう)が、貧乏なことを知っていたからである。

以前に(管仲は)、何度か(商売の)事業を立ち上げて、(その事業はすべて失敗して)かえって貧乏になってしまった。 鮑叔(ほうしゅく)は、(管仲を)愚かだとは思わなかった。 時勢(じせい)によって、ものごとが上手く行く時もあるし、上手く行かないときもあることを知っていたからである。

以前に(管仲は)、何度か戦いにでて、その度ごとに逃げた。 鮑叔(ほうしゅく)は、(管仲を)臆病だとは思わなかった。 管仲には、(彼が面倒を見なければならない)老いた母がいたことを知っていたからである。

(そんな鮑叔のことについて、)管仲は言った、「私を生んだのは父母であるが、私を理解してくれるのは鮑叔さんである。」

書き下し文[編集]

管仲(かんちゅう) 字(あざな)は夷吾(いご)。  嘗て(かつて)鮑叔(ほうしゅく)と賈す(こす)。  利(り)を分かつ(わかつ)に多く(おほく)自ら(みづから)与ふ(あたふ)。  鮑叔(ほうしゅく)以て(もつて)貪(たん)と為さず。  仲(ちゆう)の貧(ひん)を知れば(しれば)なり。 

嘗て(かつて)事(こと)を謀りて(はかりて)窮困(きゅうこん)す。 鮑叔(ほうしゅく)以て(もつて)愚(ぐ)と為さず(なさず)。  時に(ときに)利(り)と不利(ふり)と有る(ある)を知ればなり。 

嘗て(かつて)三たび(みたび)戦ひて(たたかひて)三たび(みたび)走る(はしる)。  鮑叔(ほうしゅく)以て(もつて)怯(けふ)と為さず(なさず)。  仲(ちゆう)に老母有るを知ればなり。 仲(ちゆう)曰はく(いはく)、「我(われ)を生む(うむ)者(もの)は父母(ふぼ)、我を知る(しる)者(もの)は鮑子(ほうし)なり。」と。 

語句[編集]

・嘗て(かつて) - 以前に。過去のことについて説明するときの表現。
・与(と) - 「鮑叔(ほうしゅく)と賈す(こす) 」の「と」の部分。「与」は原文中にある語句。「与 A 」で「Aと一緒に」の意味。書き下し文では「と」と訓読する。
・三 - 回数が多いことを表す場合に、漢文でよく用いられる比喩的な表現。実際の回数とは、限らない。
・不以為貪 - 「A以B為C」で「AがBをCだと思う」の意味。「A以為C」はBを省略した形である。「鮑叔不以為貪」は「鮑叔不以管仲為貪」の省略形。貪欲かどうかが、この文の話題になってる相手は管仲であり、鮑叔ではない。「不」があるので否定形であり、最終的に「鮑叔不以為貪」は「鮑叔が管仲を貪欲だとは評価しない。」の意味。
※ なお、「貪」は「たん」と読む。

語釈[編集]

賈 - 商売する。店を構えて商売する。いっぽう、これに対して、「商」は「行商」の意味。
貪(たん) - 欲張り。貪欲。「たん」と読む。
走 - 逃げる。
怯(きょう) - 卑怯(ひきょう)。臆病(おくびょう)。
知 - 理解する。分かる。
管仲(かんちゅう) - のちに斉の宰相になる。
鮑叔(ほうしゅく) - のちに斉の重臣になる。
字(あざな) - 古代・中世の中国で、男子の成人のさい、本名の他に付ける別名。
鮑子(ほうし) - 鮑叔(ほうしゅく)のこと。「子」は敬称。

似た熟語[編集]

「刎頸の交わり」(ふんけい の まじわり)が、よく例として挙げられる。

この他にも、「知音」、「水魚の交わり」、「竹馬の友」(晋書)など、似た意味の語は多い。