コンテンツにスキップ

高等学校生物 生物I‐生命の連続性に関する探求活動

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

高等学校生物 > 生物I > 生命の連続性に関する探求活動

対照実験[編集]

仮に、ある条件Aが、ある現象の要因とした場合、条件A以外を同じにして条件Aだけを変更して実験をして、どういう結果になるかの確認を取る必要がある。 たとえば植物のある実験で、仮に光が、ある現象に必要な場合は、さらに、光以外の水分や温度などの他の条件をなるべく同じにして別の実験をすることで、比較のための実験を行う。

このような実験を対照実験(たいしょうじっけん)という。

ミクロメーターによる細胞の大きさと核の大きさ[編集]

オオカナダモの葉の原形質流動[編集]

ほ乳類の血液の溶血[編集]

ユキノシタの原形質分離[編集]

タマネギの体細胞分裂[編集]

バラの花弁の組織[編集]

ムラサキツユクサの減数分裂[編集]

ハナニラの花粉、花粉管、精細胞[編集]

ウニの発生[編集]

カエルの発生[編集]

カイコガの卵の色の遺伝[編集]

キイロショウジョウバエの眼の色の遺伝[編集]

ユスリカのだ液腺染色体[編集]