Freenet/WebInterface

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウェブインターフェースの詳細[編集]

  1. Web Interface
    1. [Switch to advanced mode],[Switch to simple mode]
      • Web Interfaceの右上にどちらかが表示されている。advanced modeはメニューが多くあるモードで、simple modeはメニューが少なく、初心者向きである。ここではadvanced modeにしていることを前提に各機能を説明する。
      • モードを記憶させるには一段下の[Save current mode]をクリックする。
    2. Status
      • "Build"には自分が使っているフリーネットのビルドナンバーが表示される。もし、新しいビルドナンバーのフリーネットが接続してきたら、括弧書きでその新しいビルドナンバーも表示される。
      • "Load"はフリーネットの負荷率を表す。算出式は"General Information"の"Load"に書かれている。
    3. Bookmarks
      • 文字通りブックマークのことで、海外のフリーサイトが予め設定されている。"Bookmark Manager"を使うとフリーサイトの追加や変更ができる。
    4. Request Freesite by URI
      • Key欄にKSKやCHK、SSK等のキーを入力して「Request」ボタンを押すと、ファイルのダウンロードやフリーサイトの表示ができる。
    5. Insert file by URI
      • CHKを使用してファイルをインサートしたい場合は、Key欄には手を加えない。KSK等を使う場合は、【例】KSK@example.jpg と入力する。
      • "Hops-to-live"は、10~20の値が推奨される。値が大きい程インサートに時間が掛かるが、多くのノードにデータが拡散され、他の人がこのファイルをダウンロードするのが容易になる。
      • "Threads"の値が小さい程インサートに時間が掛かるが、PCのリソースの消費は少なくなる。
      • "Retries"はインサート失敗時に再試行する回数の設定である。3~5で良い。
      • "File"欄にインサートしたいファイルをフルパスで入力する。また、横の「参照...」ボタンを押せばダイアログが表示され、そこでファイルを選択しても良い。
      • "Mime Type"はファイルの種類を指定する時に、リストから選択する。特に使用する必要はない。
      • 「Insert」ボタンを押すと"Inserting..."と表示され、ファイルのインサート処理が開始される。
  2. General Information
    • バージョン情報や稼働時間等の情報が表示される。
  3. Current Downloads
    • ファイルのダウンロード履歴が表示される。
  4. Open Connections
    • "Connections open (Inbound/Outbound/Limit)"は、現在接続しているノードの数が表示される。左から総接続数{自ノード側への接続数/他ノード側への接続数/設定している接続数制限値}となる。
    • "Total amount of data transferred"は、送受信されたデータ量を表示している。
  5. Spread Freenet
    • フリーネットのインストーラーZIPをダウンロードすることができるウェブ・ページを作成できる。これは何らかの理由でThe Freenet Projectが閉鎖に追い込まれたり、サーバのダウンが発生した場合、個々でフリーネットを配布できるように考えられている。ただし、プライベートIPアドレスが割り振られたインターネット環境では実行できない。
  6. Node Status Interface
    • 自ノードの詳細情報が表示される。
  7. Environment
    1. Architecture and Operating System
      • PCのアーキテクチャやCPUの数、使用OS等が表示される。
    2. Java Virtual Machine
      • 使用しているJAVAのバージョン等が表示される。
    3. Memory Allocation
      • メモリの情報が表示される。
    4. Data Store
      • データストア(キャッシュ)のサイズや使用率等が表示される。
    5. Transports
      • 受発信に使用されるIPアドレスやポート等が表示される。
    6. Addresses Detected by the Network
      • ネットワークで検出された自ノードのIPアドレスが表示される。
    7. Thread Pool
      • 使用可能なスレッド数や使用しているスレッド数が表示される。
    8. Pooled Thread Consumers
      • クラス毎に使用されてるスレッド数が表示される。