Lojban For Beginners 日本語訳/限定する・付加する

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

限定する・付加する


今まで見た関係節は、 sumti を限定するものでした。私の姉妹、といっても他の姉妹ではない、あなたが昨晩見た方の私の姉妹、というように。しかし関係節にはこのように限定するものだけではなく、ただ補足的に付け足すだけのものもあります。例えば、以下の文を考えてみましょう。

ログラン(学会)から派生したロジバンは、公有の文法を持つ。

これは、ロジバンがいくつもあって、その中でログラン学会から派生した方のロジバン、という意味ではありません。ロジバンというものに限定の意味を付けずに補足の説明を付けているのです。つまり、 sumti に加える文には、それを限定するものと限定しないものがあるということです。


限定せずにただ付け加える時の関係節は poi ではなく noi で始めます。

la lojban. noi [ke'a] se dzena la loglan. pe le ckule cu se gerna lo gubni
「ロジバン、それはというと、それが系統を引くのはログラン、学会の方の、そのロジバンには文法があり、文法は公共であるもの。」
(cu はその前にある全てを断ち切って文の selbri を始めるので、関係節の終端子  ku'o はここでは要りません。)


注:限定するのか付加するのかの区別は、 pe にも当てはまります。これは、 sumti と sumti が何らかの関係にある、と説明する語ですから、つなぐのは sumti とはいえ関係節の一種と言えます。実際 pe は「~の方の」という限定の意味なのです。限定するのではなく、「~の」と付加の説明をしたい時は、 ne を使います。