コンテンツにスキップ

Maxima/微分・積分

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

微分・積分[編集]

Maximaでは、微分積分が解析的にも数値的にもできる。

微分[編集]

微分演算[編集]

diff(微分する式,微分変数,微分階数)を用いる。

微分演算子[編集]

微分は演算子として残しておき、積分時に処理すると便利な事が多い。 'diff(積分する式,微分変数,微分階数)を用いると、実際には計算されず微分演算子として残すことができる。

依存関係[編集]

depends

物理学的な微分[編集]

物理学ではよく使われる、勾配 grad などベクトル解析的な微分演算子もある。

  • gradには、grad(f)

積分[編集]

解析的積分 (integrate)[編集]

integrate(積分する式,積分変数,開始,終了)を用いる。開始終了を書かなければ、不定積分になる。

留数積分 (residue)[編集]

residue(積分する式,積分変数,特異点)を用いて、留数積分ができる。

数値積分 (romberg)[編集]

定積分と同様の書き方で、数値積分ができる。ローンベルグ積分法[1]を用いていて、romberg(積分する式,変数,開始,終了)である。

演習問題[編集]

解答

関連項目[編集]

参考[編集]

  1. ^ w:en:Romberg's method

Wikipedia[編集]

外部リンク[編集]