OOo Writer ワープロで何ができるの

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

OpenOffice.org_キッズマニュアル > Writerを使う

Writer(ライター)は、作文や学級新聞などの文章をパソコンで清書するためのソフトです。一般にワープロ(ワードプロセッサー)と呼ばれているソフトの一つで、書いた文章をプリンターで印刷するときれいで読みやすいプリントをかんたんに作る事ができます。ワープロを使うと間違ったときでも簡単に直すことができるので何回でも文章を手直しできます。また、表を書いたり絵をはり付けることもできるので見やすくきれいなプリントを作れます。

学級新聞を作ろう[編集]

それでは、実際にWriterでプリントを作ってみましょう。まず、下の見本を見てください。Writerを使うとこのようなプリントを簡単に作ることができます。矢印で示した丸はWriterで使える機能の名前です。今は分からない言葉があると思いますが、一つずつ作業をしながら使い方や機能を覚えていくので安心してください。


Writerで作った文章の見本


作業の順番[編集]

まずは文字の大きさや位置などを気にせずに、上から順番に文章の部分を打ち込んでください。打ち間違いや漢字の変換ミスがないように注意して正確に入力しましょう。

「ここにスクリーンショットを挿入」

打ち終わると上のような表示になるはずです。見本の学級新聞とはずいぶん違いますね。これから、ワープロの機能を使って文字のサイズや位置を変えて見た目を整えていきます。このような作業をレイアウトといい、ワープロが一番得意にしている作業になります。

右揃え[編集]

横書きの文章はふつう左はしから順番に書きます。この書き方を左揃え(ひだりそろえ)または左詰め(ひだりづめ)と言います。でも、右側に文章をよせて書きたいときもありますよね。右揃え(みぎそろえ)または右詰め(みぎづめ)と言われる書き方で、スペースキーを何度も押せば文章を右はじによせる事ができます。でも、何度もスペースキーを押すのはめんどうです。そこで、ワープロには簡単に右揃えにできる機能が付いています。