コンテンツにスキップ

Pascal

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

Pascalの概要[編集]

Pascalは、1970年代にニコラウス・ヴィルト(Niklaus Wirth)によって開発されたプログラミング言語で、ALGOLFORTRANから影響を受けています。Pascalは、教育用のプログラミング言語として広く使用されています。Pascalは、簡潔で読みやすく、構造化されたプログラムを書くのに適しています。

Pascalの主な特徴は次のとおりです。

  • 静的型付け:Pascalは、変数の型を宣言する必要があります。これにより、コンパイラは型エラーを検出しやすくなります。また、変数の型が明確になるため、プログラムの理解が容易になります。
  • 構造化されたプログラミング:Pascalは、if文、while文、repeat-until文、for文などの制御構造をサポートしています。これらの制御構造は、プログラムの構造化と読みやすさを向上させます。
  • 配列とレコード:Pascalは、配列とレコードという2つの複合型をサポートしています。これらの型は、複数のデータを1つの変数にまとめるのに適しています。
  • ポインタ:Pascalは、ポインタをサポートしています。ポインタは、メモリ内の特定の場所を参照する変数です。ポインタは、複雑なデータ構造を扱う場合に特に役立ちます。
  • 再帰:Pascalは、再帰をサポートしています。再帰は、関数や手続きが自分自身を呼び出すことができる機能です。再帰を使うことで、簡潔かつ効率的なプログラムを書くことができます。
  • プログラムのモジュール化:Pascalは、プログラムをモジュールに分割することをサポートしています。モジュール化により、大規模なプログラムを作成する際にコードの再利用性を高めることができます。

Pascalは、初心者から上級者まで、幅広いレベルのプログラマーにとって、使いやすく学習しやすいプログラミング言語です。また、Pascalのコンパイラは、多くのプラットフォームで利用可能であるため、異なる環境でのプログラミングにも適しています。

プログラムの書き方[編集]

Pascalプログラムは、テキストエディタで作成することができます。ファイルの拡張子は、通常、".pas"です。以下は、Pascalプログラムの基本的な形式です。

program プログラム名;
uses ユニット名;
var 変数名: データ型;
begin
  { 実行するコード }
end.
programキーワードの後に、プログラム名を指定します。
usesキーワードの後に、使用するユニット名を列挙します。
varキーワードの後に、変数名とデータ型を指定します。
beginキーワードの後に、プログラムの実行するコードを記述します。
{ コメント }、コメントは{から}までの間に記します。
end.キーワードでプログラムを終了します。

以下は、"Hello, World!"を表示するPascalプログラムの例です。

program HelloWorld;
begin
  writeln('Hello, World!');
end.

変数とデータ型[編集]

Pascalでは、変数に対してデータ型を指定する必要があります。以下は、Pascalで使用できる主なデータ型です。

  • integer:整数型
  • real:実数型
  • boolean:ブール型(true/false)
  • char:文字型
  • string:文字列型

変数を宣言するには、varキーワードを使用します。以下は、変数を宣言する例です。

var
  x: integer;
  y: real;
  z: boolean;
  c: char;
  s: string;

演算子[編集]

Pascalには、数学的な演算子や論理演算子があります。以下は、Pascalで使用できる主な演算子の例です。

+:加算
-:減算
*:乗算
/:除算
div:整数の除算
mod:剰余
=:等しい
<>:等しくない
<:より小さい
>:より大きい
<=:以下
>=:以上
and:論理積
or:論理和
not:否定

制御構造[編集]

Pascalには、条件分岐や繰り返し処理を実現する制御構造があります。以下は、Pascalで使用できる主な制御構造の例です。

if 条件 then 
  begin
    { 条件が真の場合に実行するコード }
  end
else
  begin
    { 条件が偽の場合に実行するコード }
  end;

while 条件 do
  begin
    { 条件が真の間、実行するコード }
  end;

repeat
  { 条件が真の間、実行するコード }
until 条件;

for 変数 := 初期値 to 終了値 do
  begin
    { 変数が初期値から終了値まで、1ずつ増加しながら実行するコード }
  end;

手続きと関数[編集]

Pascalには、手続きと関数という2つのサブプログラムがあります。手続きは、戻り値がなく、副作用を持つ処理を定義するために使用されます。関数は、戻り値を持つ処理を定義するために使用されます。

以下は、手続きと関数の例です。

procedure プロシージャ名; begin { 処理を記述 } end;
function 関数名(引数1, 引数2, ...) : 戻り値のデータ型; begin { 処理を記述 } 関数名 := 戻り値; end;

== (以下構成構想)

Pascalの概要[編集]

Pascalの歴史[編集]

Pascalの特徴[編集]

Pascalを使う理由[編集]

Pascalの基本構文[編集]

データ型[編集]

変数の宣言[編集]

定数の宣言[編集]

演算子[編集]

制御構文(条件分岐、繰り返し)[編集]

配列、レコード、ファイルの操作[編集]

配列[編集]

レコード[編集]

ファイル操作[編集]

サブルーチンの定義[編集]

プロシージャ[編集]

関数[編集]

再帰[編集]

標準ライブラリの使用[編集]

文字列操作[編集]

数学関数[編集]

日付、時刻の操作[編集]

デバッグとエラー処理[編集]

デバッグの基本的な手法[編集]

例外処理[編集]

オブジェクト指向プログラミング[編集]

クラスの定義[編集]

オブジェクトの作成[編集]

メソッド、プロパティ[編集]

プログラミングの実践的な問題[編集]

テキスト処理[編集]

ファイル操作[編集]

シンプルなデータベースの作成[編集]