Ruby on Rails

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

Ruby on RailsはRubyを用いたWebフレームワークです。

このページ「Ruby on Rails」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。

インストール[編集]

Windows上でのインストール[編集]

まず、Rubyをインストールしましょう。 One-Click Ruby Installer for Windowsを用いるのが簡単です。

Linux上でのインストール[編集]

ActiveRecord[編集]

バリデーション[編集]

リレーション[編集]

has_one[編集]

has_many[編集]

has_many :through[編集]

belongs_to[編集]

has_and_belongs_to_many[編集]

ActionView[編集]

ヘルパー[編集]

form_tag[編集]

フォームを生成します。Rails1.2以前で採用されていたstart_form_tag, end_form_tagは警告が出るようになりましたので、代わりにこちらを使うようにしましょう。

オプション:

  •  :multipart - trueを指定した場合、enctype に "multipart/form-data"を設定します。
  •  :method - "get" もしくは "post" を指定できます。

例:

 <% form_tag ({:action => 'create'}, {:multipart => true})  do %>
   <%= submit_tag "submit" %>
 <% end %>

submit_tag[編集]

例:

 form_tagの例を参照してください。

radio_button[編集]

ラジオボタン

collection_select[編集]

selectフィールド

例:

<%= collection_select('hogehoge', 'category_id', Category.find_all, 'id', 'name') %>

text_field[編集]

テキストフィールド

text_area[編集]

テキストエリア

password_field[編集]

パスワードフィールド

check_box[編集]

チェックボックス

content_for[編集]

content_for(<name>)ブロックで囲まれた部分が@content_for_<name>変数にセットされます。例えば、ページ内でレイアウト要素に使う文字列(スクリプトなど)を挿入したい場合に用いることが出来ます。

例:

<% content_for("hogehoge") do -%>
   fugafuga
<% end -%>
<%= debug @content_for_hogehoge %>

プラグイン[編集]

Railsでは多くの便利なプラグインが有志によって開発されています。ここでは、それらを紹介していきます。

  • acts_as_attachment
  • acts_as_taggable