X86アセンブラ/x86チップセット

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チップセットは、プロセッサーのアーキテクチャに基づいて設計された集積回路のセットです。

プロセッサーとマザーボード上の資源;メモリー、拡張カード、USBポート、マウス、キーボードなど、ボード上の他のコンポーネントとの通信の橋渡しをする役割を果たします。

かつてマザーボードには、ノースブリッジとサウスブリッジと呼ばれる2つのチップセットが搭載されているましたが、近年、プロセッサーに集積されことが多くなり、プロセッサーとメモリそれにバッファなどでコンピュータシステムが完結する SoC(system-on-chip)化が進んでいます。