解剖学

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

解剖学(Anatomy)とは、人体の解剖を通してその形態・構造の理解を目指す学問である。人体の構造に対する知識は、生理学組織学に関わらずすべての医学分野の学習において欠く事のできないものといえる。

解剖学はその研究方法により、肉眼解剖学と組織学に分けられる。更にこのカテゴリでは肉眼解剖学を解剖学と神経解剖学に分け、本項では神経系については概論をさらうのみとする。また、解剖学をまとめる方法には人体の部位別にまとめる方法(局所解剖学)と、似たような器官系で分ける方法(系統解剖学)があり、人体を深く理解するうえでは両方の分類で内容を理解しておくことが重要である。ちなみに本項では系統解剖学的な分類を採用した。

解剖学で扱う項目[編集]

基礎知識[編集]

人体の区分   解剖学的な部位表現   皮膚分節   鰓弓

[編集]

骨総論   関節総論  体幹の骨   上肢の骨   下肢の骨   頭蓋骨

筋肉[編集]

筋肉総論   脊柱の筋   頚部の筋   背部の筋   胸腹部の筋   上肢の筋   下肢の筋   殿部の筋   表情筋・咀嚼筋   その他の頭部の筋

循環器[編集]

胸腹部の動脈   頭頚部の動脈   上肢の動脈   下肢の動脈    腹部の動脈   心臓   静脈   リンパ管系と脾臓


口咽頭[編集]

舌の筋   口頭の筋   嚥下に関わる筋   食道   

消化器[編集]

胃   十二指腸   空腸・回腸   結腸・直腸   腹膜

消化に関わる臓器[編集]

肝臓   膵臓

呼吸器[編集]

鼻腔   喉頭   気道   肺 

泌尿器[編集]

腎臓   膀胱と尿道

生殖器[編集]

生殖器の発生   男性生殖器   女性生殖器

神経系[編集]

神経総論   脳の概観   大脳皮質   脳と脊髄の動静脈   脳神経   自律神経   各部位の神経叢   皮神経   視覚器   聴覚・平衡覚器

外部リンク[編集]