オーストリア=ハンガリー帝国

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オーストリア・ハンガリー帝国とは、フランツ・ヨーゼフ1世によるアウスグライヒによって誕生した国家。

概要[編集]

1914年の領土

1866年の普墺戦争敗退後、衰退が著しくなったオーストリア帝国内では支配者階級たるドイツ人以外の民族による独立運動が活発になった。 それに対し、宮廷側でも妥協を行う動きが起き、それによってこのオーストリア・ハンガリー帝国が誕生した。

具体的には、人口の24パーセントを占めるドイツ人によるオーストリア帝国と20パーセントを占めるマジャル人のハンガリー王国の連邦のような国家だった。

サラエボ事件と第一次世界大戦[編集]

1914年、オーストリア皇位継承者のフランツ・フェルディナントがサラエボで妻とともに暗殺されると、直ちにセルビアに対して最後通牒を突き付け、宣戦布告した。しかし、こうして開戦した第一次世界大戦は敗北に終わり、連合国の承認の下、帝国は様々に民族国家に解体され、サン=ジェルマン条約によって完全に帝国は崩壊し、皇帝カール1世は亡命した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディアオーストリア=ハンガリー帝国の記事があります。