コンテンツにスキップ

ガフィオ羅仏辞典/K

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

K の部[編集]

原文:ガフィオ初版 p.876

K または k[編集]

「手」の形を表わす原カナン文字のカプ(Kaph)が文字 K のルーツのひとつである。
  • K, f. n., lettre de l'alphabet
    [ représentait dans l'ancienne langue le son du κ grec, tandis que c notait le son du γ ;
    après l'introduction de la lettre g, et c ayant pris le son du κ,
    la lettre K ne fut conservée que dans quelques abréviations et dans un petit nombre de mots] :
    • KKæso (Cæso) ;
    • K ou Kal.Kalendæ (Calendæ).
 K, k,

(文字の名前は カー [kaː])  【女性名詞 あるいは 中性名詞】 アルファベットの文字

[古代のラテン語では、c が(ギリシア語の)γ (ガンマ)の音を書き留めていたのに対して、(K, k は)ギリシア語の κ (カッパ)の音を表わしていたが、
文字 g の導入後に、cκ (カッパ)の音を帯びるようになり、
文字 K は、いくつかの略語においてしか、および、少数の単語においてしか、保たれなかった。]
(訳注:古ラテン語では ラテン文字 K はギリシア文字の Κ (カッパ)に対応して /k/ の音を表わし、C はギリシア文字の Γ (ガンマ)に対応して /g/ の音を表わしていたが、エトルリア語の影響で C が /k/ の音を表わすようになり、/g/ の音を表わすために新たな文字 G が考案され、ラテン文字の K は無用になった。)
K.Kæso (Cæso) に同じ。
K. または Kal.Kalendæ (Calendæ) に同じ。

Kaeso, Kaesonis[編集]

  • Kæso, v. Cæso
 Kaesō, -ōnis  ⇒ Caeso の項を参照。

(訳注:カエソー [ˈkae̯soː] は、古代ローマの男性の個人名。⇒ 関連記事 en:Caeso (praenomen) 。)

Kalendae, Kalendarum[編集]

  • Kălendæ, v. Calendæ.
 Kălendae, -ārum  ⇒ Calendae の項を参照。

(訳注:暦の月の初日、1日)

kana または kanus[編集]

  • Kāna, Kānus, v. Cana, Canus.
 kāna, kānus  ⇒ cana, canus の項を参照。

(訳注:「白い」「灰白色の」、あるいは「白髪の」を表わす形容詞のことであろう。⇒ 関連記事 wikt:la:canus

kanaba[編集]

  • Kānăba, v. Canaba.
 kānăba, -ae  ⇒ canaba の項を参照。

(訳注:「小屋」「倉庫」のことであろう。)

kaput[編集]

  • Kăput, v. Caput
 kăput  ⇒ caput の項を参照。

(訳注:原イタリア語で「頭」を意味する単語であったと思われる。 ⇒ 関連記事 wikt:en:Proto-Italic/kaputkaput

Karolus, Karoli[編集]

フランク王で「ローマ皇帝」を称したカロルス(カール)大帝が鋳造させた貨幣(812~814年頃)。カロルス大帝の横顔と、ローマ皇帝風に KAROLVS IMP AVG (カロルス皇帝)と刻まれている。
  • Kărŏlus ou Karlus, i, m.,
    • Karl ou Charles, nom de plusieurs rois [entre autres de Charlemagne].
      (訳注:初版本にある Karlus という表記は、その後の版では削除されている。)
  Kărŏlus, -ī

 [ˈka.ɾo.lus] 【男性名詞 第二変化名詞 男性の名 カロルス 複数の王の名 [中でも特にカロルス(カール)大帝 を指す](ドイツ語名の) カルル(Karl [karl])、(フランス語名の) シャルル (Charles [ʃaʁl])に相当する。
(訳注:カロルス Karolus は、古典ラテン語にはなく、古フランク語Vieux-francique )の Karol (カロル)に由来すると考えられている。
 
Carolus (属格は Carolī)というつづりが、とりわけ近世以降は多くなっている。ラテン語で著作を著わした最後の大物の一人、大数学者ガウスも Carolus Fridericus Gaussと表記している。

⇒ 関連項目 wikt:la:Caroluswikt:fr:Calorusw:la:Carolusla:Karolus Magnus(カロルス大帝) 

Karthago, Karthaginis[編集]

  • Karthāgo, v. Carthago.
  Karthāgō, -ginis  [kaɾ.ˈtʰaː.goː] ⇒ Carthago の項を参照。

(訳注:古代の都市国家カルタゴ。Karthāgō の表記は Carthāgō と比べても有力であり、h が欠けた Kartāgō の表記も通用する。 
⇒ 関連記事 wikt:la:Karthagow:la:Karthagowikt:fr:Karthagowikt:en:Karthago

kasa, kasae[編集]

  • Kăsa, v. Casa.
  kăsa  ⇒ casa の項を参照。

(訳注:「小屋」「粗末な家屋」を意味する casa の古形と思われる。
⇒ 関連記事 wikt:la:casawikt:fr:casawikt:en:casawikt:ja:casa

klepsydra および klepsydrarius[編集]

  • Klepsydra, -ārĭus, v. Cleps-
 klepsydra, -ae  [ˈkle.psy.dra] ⇒ clepsydra の項を参照。

 klepsydrārĭus, -ĭī  ⇒ clepsydrarius の項を参照。

(訳注:古代ギリシア語の κλεψύδρα に由来し、

klepsydra は「水時計」または「砂時計」を表わす単語、
klepsydrārĭus は「水時計の職人」あるいは「水時計の商人」を表わす単語である。

⇒ 関連記事 w:la:Clepsydra(水時計) / w:la:Clepsydra (horologium)(砂時計) ; wikt:fr:clepsydrawikt:en:clepsydra

koenosis[編集]

  • kœnōsis, ĕos, f. (κοίνωσις), communication [fig. de rhét.] : ISID. 2, 21, 28.
 koenōsis, -ĕos  

(訳注:)

編集中

koppa[編集]

BC4世紀のギリシアのコリントスで発行されたヘミオボル銀貨。左のペガススの下にϘ (コッパ)が刻まれている。
 koppa  

[ˈkop.pa] 【中性名詞・不変化】
コッパ [90の値を持つ、ギリシア人の数の記号]。
出典:クウィンティリアヌス 1,4,9[1]
 
(訳注:コッパは、ギリシアの古代文字で、80を表わすπ(ピー)と100を表わすρ(ロー)の間で、90を表わす。
 字形は、古代文字の大文字 Ϙ と小文字 ϙ 、数字の大文字 Ϟ と小文字 ϟ などがある。
 コッパ Ϙ は、ラテン文字 Q, q にその字形の名残りを遺している。
⇒ 関連記事 wikt:la:Ϙ, sive ϙ ; wikt:la:coppaϘwikt:fr:koppaw:fr:Koppawikt:en:Ϙw:en:Koppa (letter)

備考その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 修辞学者クウィンティリアヌスMarcus Fabius Quintilianusの『弁論術教程(Institutio Oratoria)』第1巻4節9項(The Latin Library