ガリア戦記/用例集/対格

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

対格の用法[編集]

時間の対格[編集]

時間の対格Accusativus temporis [1]) は時間の長さを表わす対格の用法。

一般的には、前置詞 per を伴って per annumper multōs annōs のように表わされることが多いが、per なしで時間の長さを表わす場合もある。

カエサルは、前置詞 per なしに、対格だけで時間の長さを表わすことが多い。

complūrēs annōs[編集]

complūrīs annōs[編集]

1巻18節3項[編集]

multōs annōs[編集]

1巻3節4項[編集]

  • In eō itinere persuādet Casticō, Catamantaloedis fīliō, Sēquanō, cuius pater rēgnum in Sēquanīs multōs annōs obtinuerat et ab senātū populī Rōmānī amīcus appellātus erat, ut rēgnum in cīvitāte suā occupāret, quod pater ante habuerat ;

 (1巻3節4項

1巻31節4項[編集]




脚注[編集]

  1. ^ w:la:Accusativus#Accusativus_temporis を参照。
  2. ^ complūrēs は、第三変化形容詞 complūrēs, -(i)a の男性・複数・対格。
  3. ^ complūrīs は、第三変化形容詞 complūrēs, -(i)a の男性・複数・対格  complūrēs の別形。

関連項目[編集]


関連記事[編集]