コンメンタール信託業法施行令

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール信託業法施行令

信託業法施行令(最終改正:平成二〇年九月一九日政令第二九七号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア信託業法施行令の記事があります。
第1条(定義)
第1条の2(信託業の適用除外)
第2条(受託者と密接な関係を有する者の範囲)
第3条(運用型信託会社の最低資本金の額)
第4条(免許の基準となる法律の範囲)
第5条(特別の関係)
第6条(管理型信託会社等の登録の更新の申請期間)
第7条(管理型信託会社等の登録の更新の手数料)
第8条(管理型信託会社の最低資本金の額)
第9条(信託会社等の営業保証金の額)
第10条(信託会社等の営業保証金に代わる契約の内容)
第11条(信託会社等の営業保証金に係る権利の実行の手続)
第12条(信託会社等の営業保証金の取戻し)
第12条の2(委託者及び受託者と密接な関係を有する者)
第12条の3(情報通信の技術を利用した提供)
第12条の4(情報通信の技術を利用した同意の取得)
第12条の5(顧客の判断に影響を及ぼす重要事項)
第12条の6(金融商品取引法 を準用する場合の読替え)
第13条(情報通信の技術を利用する方法)
第14条(信託会社と密接な関係を有する者の範囲)
第15条
第15条の2(多数の者が受益権を取得することができる場合)
第15条の3(適用除外)
第15条の4(法第50条の2第1項 の登録に係る最低資本金の額)
第15条の5(信託財産に属する財産に関する事項の調査を行う者)
第16条(運用型外国信託会社の最低資本金の額)
第17条(管理型外国信託会社の最低資本金の額)
第18条
第19条(金融庁長官へ委任される権限から除かれる権限)
第20条(信託会社等に関する権限の財務局長への委任)
第21条(信託会社の主要株主に関する権限の財務局長への委任)
第22条(信託会社の委託先に関する権限の財務局長への委任)
第23条
第24条(信託契約代理店に関する権限の財務局長への委任)
このページ「コンメンタール信託業法施行令」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。