コンメンタール債権管理回収業に関する特別措置法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール債権管理回収業に関する特別措置法

債権管理回収業に関する特別措置法(最終改正:平成二〇年六月一八日法律第七四号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア債権管理回収業に関する特別措置法の記事があります。

第1章 総則(第1条~第2条)[編集]

第1条(目的)
第2条(定義)

第2章 許可等(第3条~第10条)[編集]

第3条(営業の許可)
第4条(許可の申請)
第5条(許可の基準)
第6条(許可に関する意見聴取)
第7条(変更の届出)
第8条(債権管理回収業の譲渡及び譲受け並びに会社の合併及び分割)
第9条(承継)
第10条(廃業の届出等)

第3章 業務(第11条~第19条)[編集]

第11条(受託債権の管理又は回収の権限等)
第12条(業務の範囲)
第13条(商号)
第14条(名義貸しの禁止)
第15条(受取証書の交付)
第16条(債権証書の返還)
第17条(業務に関する規制)
第18条
第19条(業務の委託及び債権譲渡の制限)

第4章 監督(第20条~第25条)[編集]

第20条(業務に関する帳簿書類)
第21条(事業報告書の提出)
第22条(立入検査等)
第23条(業務改善命令)
第24条(許可の取消し等)
第25条(監督処分の公告)

第5章 雑則(第26条~第32条)[編集]

第26条(協力依頼)
第27条(法務大臣への意見)
第28条(援助)
第29条(犯罪があると思料する場合の措置)
第30条(警察庁長官への通報)
第31条(命令への委任)
第32条(経過措置)

第6章 罰則(第33条~第37条)[編集]

第33条
第34条
第35条
第36条
第37条
このページ「コンメンタール債権管理回収業に関する特別措置法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。