コンメンタール土地基本法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール土地コンメンタール土地基本法

土地基本法(最終改正:平成一一年一二月二二日法律第一六〇号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア土地基本法の記事があります。

第1章 総則(第1条~第10条)[編集]

第1条(目的)
第2条(土地についての公共の福祉優先)
第3条(適正な利用及び計画に従った利用)
第4条(投機的取引の抑制)
第5条(価値の増加に伴う利益に応じた適切な負担)
第6条(国及び地方公共団体の責務)
第7条(事業者の責務)
第8条(国民の責務)
第9条(法制上の措置等)
第10条(年次報告等)

第2章 土地に関する基本的施策(第11条~第18条)[編集]

第11条(土地利用計画の策定等)
第12条(適正な土地利用の確保を図るための措置)
第13条(土地取引の規制等に関する措置)
第14条(社会資本の整備に関連する利益に応じた適切な負担)
第15条(税制上の措置)
第16条(公的土地評価の適正化等)
第17条(調査の実施等)
第18条(施策の整合性の確保及び行政組織の整備等)

第3章 国土審議会の調査審議等(第19条)[編集]

第19条(国土審議会の調査審議等)
このページ「コンメンタール土地基本法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。