コンメンタール建設機械抵当法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール建設機械抵当法

建設機械抵当法(最終改正:平成一八年五月一九日法律第四〇号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア建設機械抵当法の記事があります。
第1条(この法律の目的)
第2条(定義)
第3条(所有権保存登記)
第4条(打刻)
第5条(抵当権の目的)
第6条(抵当権の内容)
第7条(対抗要件等)
第8条(登記用紙の閉鎖)
第9条(政令への委任)
第10条(抵当権の効力の及ぶ範囲)
第11条(不可分性)
第12条(物上代位)
第13条(物上保証人の求償権)
第14条(抵当権の順位)
第15条(先取特権との順位)
第16条(担保される利息等)
第17条(抵当権の処分)
第18条
第19条(代価弁済)
第20条(第三取得者の費用償還請求権)
第21条(共同抵当の代価の配当)
第22条(一般財産からの弁済)
第23条(時効による消滅)
第24条
第24条の2(根抵当権)
第25条(質権設定の禁止)
第26条(既登記の建設機械に対する強制執行等)
第27条(補則)
第28条
第29条(罰則)
第30条
このページ「コンメンタール建設機械抵当法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。