コンメンタール漁港漁場整備法施行令

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール漁港漁場整備法コンメンタール漁港漁場整備法施行令コンメンタール漁港漁場整備法施行規則

漁港漁場整備法施行令(最終改正:平成二〇年一〇月二二日政令第三二〇号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア漁港漁場整備法施行令の記事があります。
第1条(施行期日)
第1条の2(国が施行する漁場に係る漁港漁場整備事業)
第1条の3(漁港漁場整備長期計画)
第2条(旅費及び手当)
第2条の2(特定第三種漁港)
第3条(費用の負担基準)
第4条(費用の補助の基準)
第5条(土地等の管理及び処分についての特例)
第6条(漁港整備財産台帳)
第7条(管理の委託の手続)
第8条(管理責任の移転の時期)
第9条(引継)
第10条(管理受託者の義務)
第11条(滅失等の場合の報告)
第12条(改築等の制限)
第13条(管理台帳)
第14条(管理費の負担等)
第15条(管理状況の報告)
第16条(監査及び報告の徴収)
第17条(標識の設置)
第18条(漁港整備財産台帳又は管理台帳の閲覧)
第19条(申請等の経由手続)
第20条(漁港管理規程の必要的記載事項等)
第21条(工作物等を保管した場合の公示事項)
第22条(工作物等を保管した場合の公示の方法)
第23条(工作物等の価額の評価の方法)
第24条(保管した工作物等を売却する場合の手続)
第25条
第26条(工作物等を返還する場合の手続)
第27条(負担金の徴収手続)
第28条(都道府県等が処理する事務)
このページ「コンメンタール漁港漁場整備法施行令」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。