コンメンタール空港法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタール空港法

空港法(最終改正:平成二〇年六月一八日法律第七五号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア空港法の記事があります。

第1章 総則(第1条~第3条)[編集]

第1条(目的)
第2条(定義)
第3条(空港の設置及び管理に関する基本方針)

第2章 空港管理者(第4条~第5条)[編集]

第4条(国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港の設置及び管理)
第5条

第3章 工事費用の負担等(第6条~第11条)[編集]

第6条(第4条第1項第五号に掲げる空港における工事費用の負担等)
第7条
第8条(地方管理空港における工事費用の負担等)
第9条(災害復旧工事の費用の負担等)
第10条
第11条(兼用工作物の工事の施行等)

第4章 空港の管理等[編集]

第1節 通則(第12条~第14条)[編集]

第12条(空港供用規程)
第13条(着陸料等)
第14条(協議会)

第2節 空港機能施設事業(第15条~第23条)[編集]

第15条(空港機能施設の建設及び管理を行う者の指定)
第16条(旅客取扱施設利用料)
第17条(合併及び分割)
第18条(区分経理)
第19条(監督命令)
第20条(事業の休止及び廃止)
第21条(指定の取消し)
第22条(指定を取り消した場合における措置)
第23条(地方管理空港における空港機能施設事業)

第5章 雑則(第24条~第36条)[編集]

第24条(認可等の条件)
第25条(土地等の帰属)
第26条(国有財産の無償貸付)
第27条(不用となつた国有財産の譲与)
第28条(東京国際空港の特例)
第29条
第30条
第31条(北海道の特例)
第32条(報告徴収及び立入検査)
第33条(指導等)
第34条(権限の委任)
第35条(政令への委任)
第36条(経過措置)

第6章 罰則(第37条~第43条)[編集]

第37条
第38条
第39条
第40条
第41条
第42条
第43条
このページ「コンメンタール空港法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。