コンメンタール電気工事士法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール工業コンメンタール電気工事士法

電気工事士法(最終改正:平成一八年六月二日法律第五〇号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア電気工事士法の記事があります。
第1条(目的)
第2条(用語の定義)
第3条(電気工事士等)
第4条(電気工事士免状)
第4条の2(特種電気工事資格者認定証及び認定電気工事従事者認定証)
第4条の3(第一種電気工事士の講習)
第5条(電気工事士等の義務)
第6条(電気工事士試験)
第7条(指定試験機関の指定等)
第7条の2(欠格条項)
第7条の3(指定の基準)
第7条の4(試験事務規程)
第7条の5(試験事務の休廃止)
第7条の6(事業計画等)
第7条の7(役員の選任及び解任)
第7条の8(役員の解任命令)
第7条の9(電気工事士試験員)
第7条の10(秘密保持義務等)
第7条の11(立入検査)
第7条の12(適合命令等)
第7条の13(指定の取消し等)
第7条の14(帳簿の記載)
第7条の15(聴聞の方法の特例)
第7条の16(指定試験機関がした処分等に係る不服申立て)
第7条の17(経済産業大臣による試験事務の実施等)
第7条の18(公示)
第8条
第9条(報告の徴収)
第10条(手数料)
第11条
第12条
第12条の2(権限の委任)
第13条(罰則)
第13条の2
第14条
第14条の2
第15条
第16条
このページ「コンメンタール電気工事士法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。