デンマーク語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

デンマーク語は主にデンマークで話されている言語で、インド・ヨーロッパ語族(印欧語族)ゲルマン語派ノルド諸語(北ゲルマン語)東ノルド語に属する言語です。話者は500万人ほどで多くはありませんが、文法が英語によく似ておりより単純で、語彙が少ないことから学びやすい言語として知られていますが、発音は母音が多く存在する(14個、r音の母音化)ことから日本人にとって容易いものではありません。また英語と違い、外国人が様々な母国語の影響を受けて話すデンマーク語にデンマーク語を母語とする人々が慣れていないことから、母音の発音を間違えたり、子音の発音が弱かったりする場合は何度も聞き返されたりすることが多々あります。

スウェーデン語ノルウェー語に似ており、さらにドイツ語の影響を強く受けている言語です。デンマーク語が理解できるとスウェーデン語・ノルウェー語もある程度理解ができます。方言によっては名詞の性が、通常2つのところが3つになったりするなど、文法が標準のデンマーク語と違う場合があります。

デンマーク語で書かれた著名な文学としてアンデルセンの童話があります。

目次[編集]

  1. 基本表現
  2. アルファベット
  3. 基本単語
  4. 文法
    1. 冠詞
    2. 名詞
    3. 形容詞
    4. 動詞
    5. 助動詞
    6. 多語動詞
    7. 不定詞
  5. 数字

外部リンク[編集]