トーク:英語/文法/構文

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

追加したいものリスト[編集]

イメージはあるのですが、語学的な言葉に疎く、また、どこに追加して良いかも分からないので(ページのデザインなど)、よろしければ追加お願いします。202.7.116.189 2006年3月5日 (日) 15:27 (UTC)返信[返信]

  • 受け身の文
    主語+be動詞+過去分詞
  • 命令文(もしかして「使役構文」?)
    動詞
  • お願い文(同じ?)
    Can you...
    Could you...
    Will you...
    Would you...
    Can I...
  • 誘い文(別の場所(日常会話文例等)で紹介する?)
    Will(Would) you like...
    Let us...
    How about...
    Shall we...
    May I...


受動態と命令文(命令法の文)は追加した方がいいでしょうね。あと、感嘆文などもまだ書かれていませんね。お願い文、誘い文に関しては、助動詞の項目に、依頼や勧誘を表す表現として書けば良いと思いますが、いかがでしょう。--222.225.109.78 2007年9月17日 (月) 09:17 (UTC)返信[返信]

分詞構文/独立構文/倒置などの例文[編集]

分詞構文/独立構文/倒置などもう少し例文が欲しいのですが、例文がどこから抜粋されたかという事を明記されても著作権の問題になるのでしょうか。本の名前、作者、発行年を注釈に入れてもダメでしょうか。論文などでは文の後ろに引用先などを書くようですが。もう少し例文が欲しいところです。--Miyako Masaoka (トーク) 2016年3月5日 (土) 11:43 (UTC)返信[返信]