プログラミング言語/スクリプト言語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクリプト言語[編集]

スクリプト言語(script language)またはスクリプティング言語(scripting language)は、人間のオペレーターが個別に実行するようなタスクの実行を自動化するランタイムシステムのためのプログラミング言語です。 スクリプト言語は通常、コンパイルではなくランタイム時に解釈されます。

これらの言語は、限られた複雑さ、さまざまな性質、おそらくネットワーク接続されたシステムにまたがる単一のタスクに向けられている。スクリプト言語は主にプログラマの生産性を向上させることを目標に進化してきましたが、そのために効率やエレガントさが犠牲になることもあります(スクリプトはどうせ数回しか実行されないし、定期的に短時間しか実行されないので)。例えば、多くの退屈な作業を自動化することで、プログラマーはより創造的な活動をすることができるようになる。スクリプト」は、UNIX(およびその他の)システム管理者が、レポート生成、ネットワーク上でのファイルコピーやインストールなど、さまざまなタスクを実行するためにアドホックスクリプトを書くという日常的な職業に由来するものである。これらのスクリプトは、バッチファイルに順番に列挙されたコマンドの緩やかな集まりから、Perlなどのスクリプト言語による完全なプログラムまで、さまざまなものがあります。

シェルスクリプトは、このジャンルの最初のプログラミング活動と考えることができ、これらの原則を具体化する専用言語につながりました。スクリプト言語は一般に、簡略化されているが強力なファイル処理構造、正規表現構造、連想配列などのデータ構造を内蔵している。

主なスクリプト言語
PythonPerlTCLRubyPHPJavaScriptLua