プログラミング言語/オブジェクト指向言語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オブジェクト指向言語[編集]

オブジェクト指向言語(Object-Oriented Languages)とは、オブジェクト指向プログラミングを支援する仕組みを持ったプログラミング言語です。

  • Smalltalk は Lisp と Simula67 をベースとしたクロージャを持ちます。
  • Java, C# (どちらもC++にインスパイアされた), Dylan (CLOSにインスパイアされた), Python (Smalltalkにインスパイアされた)が現代のOOPLである。
  • PythonよりもRubyの方がモダンなOOPLの例です。
一般的な例
Smalltalk、Java、C#、Ruby

ハイブリッド言語とは、オブジェクト指向と古典的なプログラミングを可能にする言語である。例えば、AdaOO-COBOLC++などである。 (オブジェクト指向パラダイム) オブジェクト指向とは、クラスとオブジェクトの概念を利用した設計・プログラミング手法である。オブジェクト指向の実プログラミングは、特性や機能が明確に定義された生物を表すカテゴリーを特定することに基づいている。

オブジェクト指向のモデルには、3つの主要な原則があります。

  • カプセル化。
  • データの隠蔽。
  • 継承。
  • (ポリモーフィズム)

オブジェクト指向のメソッドとその相互作用と層で構成されるコンピュータプログラムに基づいてアプリケーション。オブジェクト指向のメソッドをサポートする多くの、そして最新のプログラミング言語があり、その中で最も重要なのは、それが完全にサポートされているJava言語です。 オブジェクト指向プログラミングをサポートする言語は、一般的に、コードの再利用と拡張性のために、クラスまたはプロトタイプのいずれかの形式で継承を使用します。クラスを使用するものは、主に2つの概念をサポートしています。

クラス
与えられたタイプまたはクラスのオブジェクトのデータフォーマットと利用可能なプロシージャの定義。
オブジェクト
クラスのインスタンス

オブジェクトは、実世界に存在するものに対応することもあります。例えば、グラフィックプログラムでは、「円」、「四角」、「メニュー」などのオブジェクトを持つことがあります。オンラインショッピングシステムは、"ショッピングカート"、"顧客"、"商品 "などのオブジェクトを持っているかもしれません。オブジェクトは、より抽象的な実体を表すこともあります。例えば、開いているファイルを表すオブジェクトや、米国式からメートル法に変換するサービスを提供するオブジェクトなどです。