マンションの建替えの円滑化等に関する法律第38条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタールマンションの建替えの円滑化等に関する法律)(

条文[編集]

(解散)

第38条  
  1. 組合は、次に掲げる理由により解散する。
    一  設立についての認可の取消し
    二  総会の議決
    三  事業の完成又はその完成の不能
  2. 前項第二号の議決は、権利変換期日前に限り行うことができるものとする。
  3. 組合は、第一項第二号又は第三号に掲げる理由により解散しようとする場合において、借入金があるときは、解散について債権者の同意を得なければならない。
  4. 組合は、第一項第二号又は第三号に掲げる理由により解散しようとするときは、国土交通省令で定めるところにより、都道府県知事の認可を受けなければならない。
  5. 前項の規定による認可の申請は、施行マンションの所在地の市町村長を経由して行わなければならない。
  6. 都道府県知事は、組合の設立についての認可を取り消したとき、又は第四項の規定による認可をしたときは、遅滞なく、その旨を公告しなければならない。
  7. 組合は、前項の公告があるまでは、解散をもって組合員以外の第三者に対抗することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「マンションの建替えの円滑化等に関する法律第38条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。