ラテン語 不規則変化名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

ラテン語 > 名詞 > 不規則変化名詞

domus, domūs[編集]

第四変化に第二変化が混ざった不規則な格変化をするが、建築物としての家を表す場合には普通、第二変化型の曲用が用いられる。また、「~において」を表す地格(locātīvus)を有する

格\数 (numerus) 単数 (singulāris) 複数 (plūrālis)
主格 (nōminātīvus) domus domūs
属格 (genitīvus) domūs (domī) domuum (domōrum)
与格 (datīvus) domuī (domō) domibus
対格 (accūsātīvus) domum domūs (domōs)
奪格 (ablātīvus) domū (domō) domibus
地格 (locātīvus) domī domīs

呼格は、主格と同形である。


※他に地格を持つ主要な名詞は humus, humī ; loc. humī, humīs (土地)、rūs, rūris ; loc. rūre (rūrī), rūribus (地方、農場、村落)など。