ラテン語 名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
Wiktionary
ウィクショナリーCategory:ラテン語 名詞の記事があります。

ラテン語 > 名詞

名詞概論[編集]

ラテン語の名詞は、数量を表す (numerus)と文法的役割を表す (cāsus) によって語形を変える。これを曲用あるいは格変化 (dēclīnātiō) という。数には、単数 (singulāris) と複数 (plūrālis) があるが、古典ギリシア語のような双数はない。格には、主格 (nōminātīvus)・呼格 (vōcātīvus)・属格 (genitīvus)・与格 (datīvus)・対格 (accūsātīvus)・奪格 (ablātīvus) ・地格 (locātīvus) の 7 つがあるが、呼格は大体において主格と同形であり、地格についてはこの格を持っている語自体が稀であるため、実質的に憶えるべき格は他の 5 つである。よって一つの名詞につき、2 (数) × 5 (格) = 10 通りもの形を憶えなくてはならない。

しかし、ラテン語の格変化はおおよそ規則的であり、大別して 5 種類の変化がある。よって、典型的なものについて 10 個の形さえ憶えておけば、他の名詞についても、単数主格単数属格さえ分かれば、語幹と格変化の種類が明らかとなるため、他の形が類推できる。このため、辞書の見出しなどでは、この 2 つの形のみが併記されており、また、見出しに二語が並んでいれば、その単語は明らかに名詞である(ただし、 2 種類の属格を持つ場合や、 2 種類の格変化を許す場合は、その旨も併記される)。

なお、名詞には (genus) がある。名詞に係る形容詞は、数・格・性の 3 つを名詞のそれらと一致させる必要(性数格の一致)があるため、性も憶えておく必要がある。性には、男性 (masculīnum)・女性 (fēminīnum)・中性 (neutrum) の 3 つがあり、原則としてはそのいずれか 1 つが当てはまるが、語によっては、男性形と女性形の 2 種類の語形をもつものがあり(人名、職業名など)、また逆に男性形と女性形が同じ語形のものもある。なお、中性は、スペイン語イタリア語フランス語などでは他の性に吸収されて消滅してしまったが、ドイツ語ロシア語などでは現在でも残っている。

名詞の種類[編集]